愛犬と一緒にヨガポーズ、ストレス緩和に新たな健康管理 「ドガ」に世界が大注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11444-2.jpg

犬と一緒に楽しむヨガが人気(shutterstock.com)

 ヨガは、女性を中心に人気のエクササイズ。従来のヨガ体操に加え、ホット・ヨガやマタニティ・ヨガ、ピラティスなども、全国の教室やフィットネスクラブでおなじみだ。

 その効果に魅了されて、芸能人にも愛好者は多い。4月29日には、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉さんが、ヨガ界に大きく貢献した人に贈られる「ヨガジャーナル presents Yoga People Award 2016」の男性部門「ベスト・オブ・ヨギ」を受賞。

 児嶋さんは、ツイッターでたびたび「ホットヨガ」の話題をつぶやき、テレビ番組でヨガのポーズを披露するなど、ヨガの楽しさを伝えたことが評価された。

 その効果について「肩こりがひどかったけど治った。あとヨガは呼吸が大事で、番組とかでスベったりして動揺したときにはヨガの呼吸で(落ち着けている)」とコメントしている。

 そんな、健康効果を認めて習慣にしている人も多いヨガ。そして、いま愛犬家の注目も浴びている。犬と一緒に楽しむヨガ、その名も「ドガ(=ドッグ・ヨガ)」だ。

エクササイズ大国ではポピュラーな「ドガ教室」

 アメリカ生まれのこの新しいエクササイズが、いま世界中で人気を博している。2015年にはサンディエゴで、265組の飼い主とその愛犬が参加したドガ・イベントが開催された。エクササイズ大国のアメリカでは、すでにドガ教室はポピュラーなものになっている。

 また今年2月には、香港で総勢270組の飼い主と犬のペアが参加するドガ・イベントが開催されたばかりだ(参考)。

 香港は日本以上に人々が多忙で、かつ愛犬家の多い国。忙しい合間を縫って、短時間で愛犬との絆を強められると数年前からドガの人気が高まっている。

 ペットに対してクールなつきあい方をするヨーロッパでもドガが広まっている。人も犬も同じようにリラックスし健康になれる、その合理性が、健康志向の人々に受け入れられている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫