なぜ、高カロリー・高脂肪食でも“食を愉しむフランス人”はスリムなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
paris.jpg

食を愉しむフランス人はスリム? jaspe/PIXTA(ピクスタ)


 「MEC食」によるダイエットに注目が集まっている。「MEC食」とは、肉(Meet)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)をたっぷり食べようという考え方が基本だ。これら食材の頭文字を取って「MEC食」と呼ばれている。

 提唱しているのは、「こくらクリニック」(沖縄県那覇市)院長の渡辺信幸医師。これまで4000人を超える患者のダイエットを成功(成功率90%以上)させ、肥満や生活習慣病を改善・完治させている。

 MEC食は、一見すると高コレステロール・高脂肪で、太りそうなイメージの食材ばかりだ。しかし、実践してみると、自然と主食やお菓子(炭水化物)の割合が少なくなり、糖質制限できることがわかる。

 「MEC食」については、取り組み方や体質の個人差もあって、ダイエット方法としての賛否はある。しかし、「MEC食」を地でいく食文化のフランスに目を向けると、なるほど、たしかにこれは痩せそうだ、とうなずける面もある。

 欧米諸国の中でもフランス女性のスリムさはダントツだ。パリの街中には、若者だけでなく、年を重ねてもスレンダーで素敵なパリジャン、パリジェンヌがとても多い。

 ヨーロッパ全体のさまざまな統計を取りまとめている「ユーロスタット(欧米連合統計局)」が発表するBMI指数比較*によると、EU28カ国のうち20カ国中、フランスの肥満度は最下位より2番目。その低さがうかがえる。ちなみに最下位はイタリアで、どちらも食を愉しむ国民性の印象が強い。
*http://ec.europa.eu/eurostat/statistics-explained/index.php/Overweight_and_obesity_-_BMI_statistics

 そう、フランス人は食べることを大いに楽しみ、レストランやカフェに限らず、街中のベンチでも道端でも、本当によく食べている。それも、おいしそうに。

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫