連載第5回 グローバリズムと日本の医療

食べ放題、運動なし、手術も薬もなし!? アメリカで100年以上続く究極の非合法ダイエットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sugita05.jpg

ダイエット産業が隆盛するアメリカでは、いまや成人の3人に1人が肥満! shutterstock.com

 新年度を迎えると、体重計に乗りながら、いつも誓うことがある――。夏までに5キロ減量! 夏が終わるまでに、さらに5キロ減量!

 アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が発表した2011年度の統計では、20歳以上のアメリカ人のうち34.9%(7860万人)が、2歳から19歳までたと17%(1270万人)が肥満だった。

 肥満は、心臓病、脳卒中、2型糖尿病などとの関連があり、2008年の資料では、肥満の治療に要する米国の年間医療費は1470億ドルにも達している。要するに、肥満はアメリカとっては国家的な大問題なのだ。

 肥満の定義は日本とアメリカで異なるが、両国とも肥満と判定されるのは身長と体重から計算されるBMI(Body Mass Index:肥満指数)によって表される。その計算式と、日本(日本肥満学会)とアメリカの肥満の指数は、以下のとおりである。

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)

●日本
低体重(やせ):〜18.5
普通体重   :18.5〜25
肥満(1度)  :25〜30
肥満(2度)  :30〜35
肥満(3度)  :35〜40
肥満(4度)  :40〜
出典:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/himan/about.html

●アメリカ
健康(Healthy) :18.5~24.9
太りぎみ(Overweight):25.0~29.9
肥満(Obese) :30~
出典:http://www.hsph.harvard.edu/obesity-prevention-source/obesity-definition/

 つまり、日本で肥満(2度)以上の人がアメリカでは肥満と呼ばれているのです。

世界のダイエット市場は6700億ドル

 肥満大国のアメリカではダイエットは一大産業であり、2013年、その市場規模は605億ドルでした。もちろんダイエットは、アメリカだけでなく世界でも人気があり、ある調査会社の試算によると、2015年までに世界のダイエット市場は6700億ドルに達するとのことです。

 食事療法、エアロビクス、ジョギング、ブートキャンプなど、ダイエット方法には枚挙に暇がないほど存在しますが、理屈は簡単です。必要なカロリーより摂取カロリーを少なくすればいいだけなのです。

 1日に必要なカロリーは、成人男性で1500キロカロリー程度、成人女性で1200キロカロリー程度と言われています。しかし、実行は難しいものです。食べたいものを我慢し、身体に鞭打って運動しなければなりません。

禁断のダイエット方法とは!?

 ところが、「食べ放題、運動なし、手術も薬物もなし」という夢のようなダイエット方法が、20世紀初頭からアメリカで行われています。Tapeworm diet(条虫=サナダムシ・ダイエット)と呼ばれるもので、すでに100年以上の歴史があります。

 その方法は簡単で、サナダムシの卵を飲み込むだけです。そうすると、消化管でサナダムシが生育し、体内に入った食べ物を消費するという仕組みなのです。サナダムシは消化管で最大4〜9メートルほどにも成長し、寿命は20年ほどと言われています。著名なオペラ歌手のマリア・カラスは、1950年代半ばにサナダムシ・ダイエットにより、数か月で36キロほど減量したと噂されています(真偽は定かではありません)。

 サナダムシ・ダイエットは危険を伴うこともあり、現在、アメリカでは非合法となっています。しかし、メキシコへ行けば1500ドルから2000ドルで入手できるようです。また、インターネットなどを通じて売買もされており、危険を顧みず現在でも試している人が少なくありません。事実、あるアイオワ州の女性が、インターネットでサナダムシを購入し、ダイエットのために飲み込んだことが報道されていました。診察した医師が、アイオワ州公衆衛生省に連絡して発覚しました。

 理論的には、サナダムシ・ダイエットによって体重は減るということです。しかし、その代償は大きく、死にいたる場合もある。「必要なカロリーより摂取カロリーを少なくすればいい」――。やはりダイエットに王道なしというところでしょうか。


new_sugita.jpg

杉田米行

杉田米行(すぎた・よねゆき)
米国ウィスコンシン大学マディソン校大学院歴史学研究科修了(Ph.D.)
現在、大阪大学大学院言語文化研究科教授、専門分野は国際関係と日米医療保険制度

連載「グローバリズムと日本の医療」バックナンバー

杉田米行(すぎた・よねゆき)

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコンシン大学マディソン校大学院歴史学研究科修了(Ph.D.)。専門分野は国際関係と日米医療保険制度。

杉田米行の記事一覧

杉田米行
部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫