"笑顔"が人の幸せを予知する! 真の「デュシェンヌ・スマイル」のつくり方

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
smailing.jpg

笑顔になって自分の鏡を見てみよう

 新年度がいよいよ始まった。職場でのプロフィール紹介や、各種イベントなどで写真を撮ることも多い時期だ。写真の中の自分を見て、「老けたな~」とか「太ったな~」など、ネガティブな感想を持ってしまうことも少なくないが、写真を撮る際は、無意識に笑顔になろうとするもの。

 その中に、「笑顔が本物だな」と思える表情の人がいたら、ぜひ注目してほしい。なぜなら、この笑顔は、その人の「幸せ」を予知するものだというからだ。

 「本物の笑顔」と言われている表情は、フランスの精神内科医デュシェンヌが発見したことにちなんで「デュシェンヌ・スマイル」と呼ばれている。口角が上がっていて、目の端にカラスの足跡のようなシワができる表情だ。やってみるとわかるのだが、実は作ろうと思ってもなかなかできない。自分ではコントロールすることが難しい表情筋を使ってできる表情だからだ。

 この「本物の笑顔」が生活の満足度とどのような関係があるかを調べた調査が、2001年に「Personality and social psychology」誌で発表されている。米カリフォルニア大学バークレー校の心理学者リー・アン・ハーカーとダーカー・ケルトナーによって行われた長期研究である。

 ミルズ・カレッジというカリフォルニア州オークランドの私立女子大学の1958年と1960年の卒業アルバムの写真を使用したもので、幸せが純粋に顔全体に表われる表情のレベルを、目の周りの筋肉が収縮する度合いで「デュシェンヌ・スマイル度」として写真を分析した。そして、30年後にどのような人生を送っているのかを結びつけた。

 その結果、「デュシェンヌ・スマイル度」が高い女性は、平均27歳で結婚をし、52歳の時点での結婚生活は順調で、その満足度も高くなっていたというのだ。また、心身ともに健康である傾向も強かった。

 教授たちは、「年をとるにつれて、デュシェンヌ・スマイル度が高かった女性は、そうではない女性と比較すると、有能で、心理的にも安定しており、かつ、成功するために努力をしている。嫌なことがあっても立ち直るのが早い」とコメントしている。

 なお、この研究では、身体的な特徴や美しさ・魅力を調整しており、純粋に写真での表情で、その後の人生の「幸福感・満足感」を予測できるという結果を導いている。

意識的にデュシェンヌ・スマイルの形を作る

 また、「デュシェンヌ・スマイル」は、心だけではなく、身体面の健康も守り、寿命を延ばす効果もあるということを実証した研究も発表されている。

 米ミシガン州立大学のグループは、大リーグの選手名鑑の写真からデュシェンヌ・スマイルかどうかを調べ、その選手の寿命との相関関係を調べた。その結果、デュシェンヌ・スマイルかどうかで、平均寿命に7年もの差があることがわかった。そのほか、この表情は心拍数を下げ、心臓病を防ぐ効果もあると報告している。

 このような話を聞くと、自分もデュシェンヌ・スマイルでいたいと思うところだが、この笑顔は自然に表れるものなので、作ろうと思ってもなかなか作れない。

 しかし、米カリフォルニア大学の研究実験では、この笑顔の「形」を作るだけで、脳が前向きになり、やる気も出やすくなることが判明している。さらに、このデュシェンヌ・スマイル以外の笑顔には、特別な効果は得られないというのだから、どうにかこの形を習得したいものである。

 作ろうとしても難しいが、コツとしては、「本当に楽しい/幸せ」と感じている瞬間に、「デュシェンヌ・スマイル」の「形」を意識することだ。「本物の笑顔」が出る瞬間を利用して、表情を意識する。そうすることで、徐々に特別な笑顔が作れるようになっていく。

 女性が気にする目じりのシワ。でも、それが「カラスの足跡」のようであったら、それは「幸せの約束」と思い、ぜひ大事にしてほしいものである。
(文=編集部)

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔
女性の「薄毛」は20〜30代から進行! 頭部全体の毛髪が薄くなる「びまん性薄毛」の原因は?
インタビュー「女性の薄毛トラブル対策」第1回:北嶋渉医師(銀座HSクリニック院長)

薄毛で悩む女性といえば、つい最近まで中高年だった。ところがここ10年ぐらいの間に20~30代女性も増えているという。原因はストレスや過度のダイエットによるバランスの崩れなど。そのため生活全般の見直しも必要になっている。女性の薄毛の原因となりやすい人の傾向、病状による治療や最新治療を、銀座HSクリニックの北島渉先生に訊いた。