"笑顔"が人の幸せを予知する! 真の「デュシェンヌ・スマイル」のつくり方

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
smailing.jpg

笑顔になって自分の鏡を見てみよう

 新年度がいよいよ始まった。職場でのプロフィール紹介や、各種イベントなどで写真を撮ることも多い時期だ。写真の中の自分を見て、「老けたな~」とか「太ったな~」など、ネガティブな感想を持ってしまうことも少なくないが、写真を撮る際は、無意識に笑顔になろうとするもの。

 その中に、「笑顔が本物だな」と思える表情の人がいたら、ぜひ注目してほしい。なぜなら、この笑顔は、その人の「幸せ」を予知するものだというからだ。

 「本物の笑顔」と言われている表情は、フランスの精神内科医デュシェンヌが発見したことにちなんで「デュシェンヌ・スマイル」と呼ばれている。口角が上がっていて、目の端にカラスの足跡のようなシワができる表情だ。やってみるとわかるのだが、実は作ろうと思ってもなかなかできない。自分ではコントロールすることが難しい表情筋を使ってできる表情だからだ。

 この「本物の笑顔」が生活の満足度とどのような関係があるかを調べた調査が、2001年に「Personality and social psychology」誌で発表されている。米カリフォルニア大学バークレー校の心理学者リー・アン・ハーカーとダーカー・ケルトナーによって行われた長期研究である。

 ミルズ・カレッジというカリフォルニア州オークランドの私立女子大学の1958年と1960年の卒業アルバムの写真を使用したもので、幸せが純粋に顔全体に表われる表情のレベルを、目の周りの筋肉が収縮する度合いで「デュシェンヌ・スマイル度」として写真を分析した。そして、30年後にどのような人生を送っているのかを結びつけた。

 その結果、「デュシェンヌ・スマイル度」が高い女性は、平均27歳で結婚をし、52歳の時点での結婚生活は順調で、その満足度も高くなっていたというのだ。また、心身ともに健康である傾向も強かった。

 教授たちは、「年をとるにつれて、デュシェンヌ・スマイル度が高かった女性は、そうではない女性と比較すると、有能で、心理的にも安定しており、かつ、成功するために努力をしている。嫌なことがあっても立ち直るのが早い」とコメントしている。

 なお、この研究では、身体的な特徴や美しさ・魅力を調整しており、純粋に写真での表情で、その後の人生の「幸福感・満足感」を予測できるという結果を導いている。

マイケル・ジャクソンも悩まされた皮膚病「白斑(尋常性白斑)」~<治せる時代>が到来
インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる『白斑』の最新治療」前編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気だったことが公表されている。従来は難治とされてきたが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆