平井理央アナ「夜、お風呂に入らない」!? 入浴は夜のほうがいい理由

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平井理央アナ「夜、お風呂に入らない」!? 入浴は夜の方がいい理由の画像1

夜の入浴が、質のよい睡眠へ誘う june/PIXTA(ピクスタ)

 元フジテレビアナウンサーの平井理央さんが、11月12日放送ので放送され『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に出演。番組では「変な癖」という話題になり、平井さんは「私、夜お風呂入らないんですよ。特に酔っぱらっていると、絶対入らない」とコメントした。

 横にいた大久保佳代子さんが「旦那が迫ってくる時が……」と振ると、「あんまりない。迫られない」と、セックスレスな夫婦生活を匂わす発言。美女アナの意外な癖は、ネット上でも話題となった。

 「不潔だ!」「シャワーくらい浴びろ」「枕がくさそう」という声もあれば、「1日くらい入らなくても平気」と援護する意見もある。

 毎日入るべきかどうかはともかく、この寒い時期にはゆっくりと湯船に浸かって体を温めたほうがいいのは、誰もが実感するところ。さらに、夜の入浴のほうが、体臭を抑えられるうえ、質のよい睡眠を得ることができる。

匂い解消に夜の入浴のほうがいい理由

 朝のシャワーでも、皮脂や体の汚れを落とすことはできる。体の匂いも、通学や出勤の直前にシャワーで洗い落としたほうがよいように思えるが、実はそうではないのだ。

 体に疲れがたまっている時、ストレスがたまった時など、体臭がなんとなくアンモニア臭く感じることがある。解毒するはずの肝臓の働きが悪いのか、はたまた肝臓の働きが追いつかないほどの疲労なのかは違いはあるが、このアンモニア臭をやわらげてくれるのが夜の入浴なのだという。

 ゆっくりと入浴することで、血管が開き血液の循環がよくなる。すると、体内にたまったアンモニアが減少に転じるのだ。朝のシャワーでは、体表の汗は落とせても、体内のアンモニアの減少にはつながらないから、あまり体臭が消えてくれないというわけだ。

体温の変動を味方に、自然に眠りへGO!

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔