今年も中国人が「美容整形の爆買い」!? 世界医師協会は「未成年者の美容整形手術を禁止」に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容整形大国・韓国

美容整形大国・韓国!meunierd / Shutterstock.com

 2016年、中国の旧正月(春節)は2月8日。中国圏からの民族大移動がまもなく起こる。10億人以上の人びとが帰省したり、海外へ旅行に出かけたりする。昨年の春節で、中国人観光客が大挙して来日し、「爆買い」していった光景はまだまだ記憶に新しい。

 中国人は韓国にも押し寄せた。日本と違ったのは、物を買ったのではなく、美容整形手術を求めての「爆買い」だったということだ。韓国への訪問目的のうち、美容整形などの医療サービスを目的にした渡航は約21万人、そのうち中国人は約2割を占めている(2013年時点)。

 美容整形のために中国人が渡韓するのは、韓国のほうが国内の医療機関より技術のレベルが高く、安価で安全、衛生面でも問題が少ないからだ。ちなみに、容姿が崩れたことを理由にする中国での訴訟の数は、年間約2万件以上にも及ぶのだという。

 とはいえ、韓国での美容整形ツアーに問題がないわけではない。毎年1割以上の割合で整形トラブルが増加し、昨年1月には50代の女性が美容整形手術によって脳死状態に陥ったりもした。それでも、美容整形ツアーはさらに増加の一途をたどっている。

15歳の少女に何が起こったか?

 中国人の美容整形といえば、昨年、中国人少女の写真が世界中で物議を起こした。整形を受けた15歳の少女がSNSに写真を投稿したところ、コメントが殺到したのだ。

 「お面張り付いてるみたいで怖い」「ヘビの妖怪みたい」「どうみても青鬼」「整形前可愛いじゃん、整形の必要ないよ」「親は何してんの」……。

 話題の的となったのは河南省の少女だ。去って行った元カレを取り戻す目的で整形手術を受けたと、彼女は説明している。手術前と後の写真を比べると、その白すぎる肌や尖った顎、アニメのキャラクターのような大きすぎる目、全体的にバランスを欠いた目鼻立ちは、まるでサイボーグのようなのだ。

 コメントに対し、彼女も気丈にも反論した。「毎日ブランドの香水をプレゼントされたことがあるのかしら?」 「毎日高級車で迎えに来てもらったことがあるのかしら?」「1か月で50万元も使ったことがあるのかしら? もしないのなら、おだまりなさい。 私に文句をいう資格はありません。今の社会はどんどん進んでるの、乗り遅れるわけにはいかないわ」と。

 15歳といえばまだ成長期だ。この若さにして顔全体にメスを入れるような大々的な手術をして大丈夫なのだろうか?

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授。1986年、…

高橋現一郎