肉やバターをたっぷり摂る「バンティング・ダイエット」で貧困層がポジティブに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肉やバターをたっぷり摂る「バンティング・ダイエット」で貧困層がポジティブにの画像1

糖質を制限する「バンティング・ダイエット」が南アで人気(shutterstock.com)

 年々貧富の格差が広がるこの世界。アフリカの健康問題について問われたら、多くの人は「飢餓」「栄養不足」「感染症」といった程度の認識しかないだろう。ところが実際は、ここ20年ほど一部の国では肥満が急速に拡大している。

 特に南アフリカ共和国は、サハラ砂漠以南の国で最も肥満率が高い。世界保健機関(WHO)によれば国民の4人に1人が肥満で、貧困層の黒人女性の肥満率が最も高いという。

 大きな原因のひとつは、アフリカ地域の都市化の加速だ。労働の場が地方から都市部に移るにつれ、多くのアフリカ人が健康を害するようになったという。肥満が関係する糖尿病や心臓疾患、がんなどの生活習慣病が死因の上位を占めている。

8週間の肉食で7㎏の減量に成功

 そんななか、南アフリカのケープタウンで最近注目され、大きな支持を集めているダイエット法がある。パンや米、トウモロコシなどの炭水化物や糖質を制限し、代わりに肉やバター、チーズやクリームをたっぷり摂るという「バンティング・ダイエット」と呼ばれる食事療法だ。

 このバンティング・ダイエットは、南アフリカでも肥満が大きな問題となっている、最貧地区や黒人居住区で広まり始めている。普及を強く押し進めているのは、この食事療法を信奉する女優でタレントのユオーディア・サンプソンさんと、栄養学を専門とするティモシー・ノークス教授らだ。

 ノークス教授の考えによると、バンティング・ダイエットは加工食品が登場し、穀類やシリアルなどの炭水化物の摂取が大幅に増える前の「昔の食生活」に回帰すること。サンプソンさんも「このダイエットは私にとって、曾祖父母たちの食生活に戻ることを意味します」とインタビューに答えている。

 サンプソンさんとノークス教授は昨年、労働者階級が居住する地区の住民を対象に、40人の減量希望者を募集。バンティング・ダイエットグループを結成して減量プログラムを実施したところ、多くの人が減量に成功。8週間で7㎏の減量に成功した参加者は「服がブカブカになり、肌のツヤもよくなった。周りからもほめられる」と喜んだ。中には、血圧や糖尿病の薬が不要になった人もいたという。

 ただ黒人居住区の住民の大半は、炭水化物の多いトウモロコシ粥を主食にしており、肉や卵は「ぜいたく品で手が出ない」という声もある。それに対してノークス教授は、「レバーや腎臓、骨髄、豚足といった安い部位を使えば1日当たりの食材費は30ランド(約240円)程度。コストカットは可能だ」と話す。

19世紀に開発されていた糖質制限ダイエット

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔