コーヒー党に朗報、一日5杯で長生き!? 香りや苦みの元がカラダの酸化を防ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5823-2.jpg

毎日飲んで長生きしよう!(shutterstock.com)

 朝イチのコーヒーを毎日の習慣にしている人は多いことだろう。最近では、街のカフェやコンビニエンスストアなどで、いつでも気軽に淹れたてを味わうことができ、コーヒー好きには恵まれた環境が整っている。

 そんなコーヒー好きに朗報!? コーヒーを日常的に飲む人のほうが、飲まない人よりも長生きできるという研究結果が、11月16日「Circulation」オンライン版に掲載された。しかも、心疾患やパーキンソン病などの神経疾患により早期に死亡するリスクも低くなるという。コーヒー党ではない人にも気になる結果だ。

20万人以上を対象にした30年以上の調査を解析

 この研究は、米ハーバード公衆衛生大学院(ボストン)栄養学・疫学教授のFrank Hu氏らが、米国の医師・看護師・医療従事者20万人以上を対象に約30年以上繰り返し行った調査に基づいて解析を行ったもの(この調査期間中に約3万2000人が死亡)。

 その結果、最初の調査時に1日あたり1〜5杯のコーヒーを飲んでいた人は、高血圧などの健康障害を考慮しても、調査期間中に死亡する危険性が低かった。特に、心疾患、脳卒中、神経疾患、自殺による死亡率が低かった。

 喫煙者を除外して検討すると、この関係はさらに強まった。1日あたり3〜5杯のコーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて期間中に死亡するリスクが15%低く、コーヒー摂取量が最も多い人(5杯以上)でも12%低くなっていた。レギュラーコーヒーだけでなく、カフェイン抜きのコーヒーであっても、長寿に関連することもわかった。

 「適度なコーヒー摂取と、さまざまな疾患の発症リスク低下を関連づける研究は多数ある。コーヒーと健康への便益が関連する理由は不明だが、他の研究では、その成分が炎症を軽減し、抗酸化物質として作用し、血糖の調節を改善することが示唆されている」とHu氏は話している。

コーヒーに含まれるポリフェノールがいいのか?

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆