BBQ(バーベキュー) で食中毒を防ぐには「ある道具」の使い方がポイント!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 BBQ(バーベキュー) で食中毒を防ぐには「ある道具」の使い方がポイント!?の画像1

BBQでは食中毒に注意(shutterstock.com)

 いよいよGW突入で首都圏近郊のバーベキュー場は満員御礼必至だ。日本バーベキュー協会の概算では、国内のBBQ(バーベキュー)人口は約4500万人、3人に1人が〝BBQ民〟なんだとか。

 お隣組の家族同士ならば「ご近所の絆の確認」、独身者なら「建前の効く合コン」として定着したBBQ。「そもそもはハイチ語で『肉を炙る木製台』を意味するが、それがスペインに入って……」云々の蘊蓄系男子が多いのも、このジャンルの特徴だ。リア充願望の婚活派が急増し、折からのアウトドア過熱現象が追い風となって、今後ますます祭日のBBQ場確保は難儀さを増すと想像に難くない。

男子が肉を切り女子が野菜を切るお約束

 なぜか、男子が火の管理と肉の差配を担当し、野菜は女子が切る、という暗黙の役割分担性を指摘するウォッチャーの声もある。あるいは男どもの「オレ意外とワイルド&アピール」の安易なプレゼン場にもなっている。いずれにせよ、中途半端な自然環境を背景に「親睦」を計る不思議な空間が成立する。若い男女であればお互いの人間観察の絶好の機会だ。

 段取リストとしての仕切り能力や機転力など、ふだんはあまり見せない潜在的個性を発揮してBBQで株をあげる男性がいる。一方、口先だけで一向に動かないお調子者の仮面が剥がれたりする。

 BBQの大原則は「立つ鳥跡を濁さず」の規則順守と、トラブル・ゼロの完璧な危機管理。くどすぎる蘊蓄系男子よりも「失敗の本質」を知りぬき、安全なBBQ日和を仕切れてこそのオトコ冥利だろう。

バーベキューをする際に注意すべきことはこれ!

 そんなBBQ美学を血肉化したい男性陣に(もちろん女性陣も)ぜひ、参照いただきたいのが消費者庁が昨夏公表した『バーベキューをする際に注意すべきこと』という注意喚起の事項集だ。

 同庁がBBQの危害要因を把握するために行なった調査結果では、過去に自分や家族などの参加者を「食中毒にしてしまうかもしれないと思った」経験回答者が17.3%いた。実際にBBQで食べたものが原因で「体調を悪くしたことがある」と思う人も6.6%を数えた。

 BBQ盛況となるこれから季節(7〜9月)は、10〜12月期に比べて「細菌性食中毒が約2倍発生しています!」と消費庁。事実、平成24〜26年の3年間で前者の季節が476件、後者の時期が245件の細菌性食中毒件数だったという(厚生労働省食中毒統計より)。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆