寿司は平気でも他人が握ったおにぎりは食べられない? 寿司を素手で握っても安全な理由

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寿司は平気でも他人が握ったおにぎりは食べられない? 寿司を素手で握っても安全な理由の画像1

「食べられない」線引きは人それぞれ(shutterstock.com)

 平安の昔から日本人に食べられてきたおにぎり。戦国時代には兵糧として、江戸時代の旅人の携行食として、そして昭和に入り、フィルムに包まれて販売されるようになった。

 まさに日本人のファストフードであり、日本の食文化を語る上で外せないソウルフードである。

 ひと昔前までは、よその家で出されたおにぎりでも、躊躇せずにおいしくいただいく光景が珍しくなかった。ところが近年、「他人が握ったおにぎりは食べられない」という人が増えている(もちろん素手で握るという前提で)。

 芸能人がテレビ番組やツイッターで告白したところ、一気に同意を示す人が表われたという。

母親が握ったおにぎり以外はNG

 ネット上にもこの件について多くのコメントが登場している。おにぎり全部がダメというわけではない。

 自分もしくは母親が握ったものならOK、ダンナはいいけど義母が握ったものはダメ、自分が握ったのもイヤ、コンビニのしか食べられない、ラップで包んで作ったのもムリ……。

 「食べられない」おにぎりの線引きは人それぞれのようだ。

 Jタウン研究所が「他人が握ったおにぎりが食べられるかどうか」について全国調査を行なった結果、「食べられない」人がおよそ半数近くの47.8%もいたという。

 食べられない人の多くが、生理的な「不潔感」を抱いていることはほぼ間違いない。ところが、寿司はどうだろうか?

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆