寿司は平気でも他人が握ったおにぎりは食べられない? 寿司を素手で握っても安全な理由

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
寿司は平気でも他人が握ったおにぎりは食べられない? 寿司を素手で握っても安全な理由の画像1

「食べられない」線引きは人それぞれ(shutterstock.com)

 平安の昔から日本人に食べられてきたおにぎり。戦国時代には兵糧として、江戸時代の旅人の携行食として、そして昭和に入り、フィルムに包まれて販売されるようになった。

 まさに日本人のファストフードであり、日本の食文化を語る上で外せないソウルフードである。

 ひと昔前までは、よその家で出されたおにぎりでも、躊躇せずにおいしくいただいく光景が珍しくなかった。ところが近年、「他人が握ったおにぎりは食べられない」という人が増えている(もちろん素手で握るという前提で)。

 芸能人がテレビ番組やツイッターで告白したところ、一気に同意を示す人が表われたという。

母親が握ったおにぎり以外はNG

 ネット上にもこの件について多くのコメントが登場している。おにぎり全部がダメというわけではない。

 自分もしくは母親が握ったものならOK、ダンナはいいけど義母が握ったものはダメ、自分が握ったのもイヤ、コンビニのしか食べられない、ラップで包んで作ったのもムリ……。

 「食べられない」おにぎりの線引きは人それぞれのようだ。

 Jタウン研究所が「他人が握ったおにぎりが食べられるかどうか」について全国調査を行なった結果、「食べられない」人がおよそ半数近くの47.8%もいたという。

 食べられない人の多くが、生理的な「不潔感」を抱いていることはほぼ間違いない。ところが、寿司はどうだろうか?

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子