やはりコーヒーは健康にいい 1日1杯以上のコーヒーで女性の糖尿病患者の死亡率が低下

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
やはりコーヒーは健康にいい 1日1杯以上のコーヒーで女性の糖尿病患者の死亡率が低下の画像1

女性糖尿病患者に朗報

 女性の糖尿病患者は、コーヒーや紅茶から摂取するカフェインの量が多いほど死亡リスクが低下し、長生きする可能性があると、São João病院(ポルトガル)のJoão Sérgio Neves氏が第53回欧州糖尿病学会(EASD 2017、9月11~15日、ポルトガル・リスボン)で発表した。

 コーヒーを1日1杯以上飲む女性患者では、全く飲まない女性に比べて全死亡リスクが約5~6割低下したという。

 糖尿病患者は普段、食事療法でカロリーや糖質、加糖飲料などを制限するよう指導されることが多いが、Neves氏によるとコーヒーと紅茶はそうした制限をしなくてもよい可能性があるという。ただし、こうしたカフェインの有益性は女性に限られるようだ。

積極的なカフェイン摂取が死亡率を低減

 この研究は、1999~2010年の米国国民健康栄養調査(NHANES)のデータを用いたもの。1型糖尿病および2型糖尿病の女性患者1,568人と男性患者1,484人を対象に、全般的な健康状態のほか、コーヒーや紅茶、ソフトドリンクから摂取するカフェインの量について尋ね、カフェイン摂取量と死亡率との関連を調べた。

 研究期間中に600人以上が死亡した。解析の結果、女性の糖尿病患者ではカフェイン摂取量が多いほど全死亡率が低下することが分かった。

 人種や年齢、教育レベル、喫煙習慣などさまざまな因子を調整した解析から、1日当たりのカフェイン摂取量が100mg(レギュラーコーヒー1杯分に相当)未満の女性は、全く摂取しない女性に比べて死亡リスクが51%低く、1日100~200mg未満の女性では57%、1日200mg以上の女性では66%それぞれ全死亡リスクが低下した。

 また、カフェインを主に「コーヒー」から摂取する女性は全死亡と心血管疾患による死亡のリスクが低下したのに対し、「紅茶」から摂取する女性ではがんによる死亡リスクが有意に抑えられることも分かった。紅茶を全く飲まない女性に比べて、紅茶を多く飲む女性はがん死亡リスクが80%低かった。

 ただし、Neves氏らは今回の研究で紅茶を飲む人は総体的に少数だったと断っている。

 以上から、Neves氏は「糖尿病の女性患者では積極的なカフェイン摂取が死亡率の低減につながる可能性がある。カフェイン摂取は普段の生活で簡単に実践できる予防策になる」と述べている。なお、今回はこれらの関連が示されたに過ぎず、カフェイン摂取の有益性を確かめるにはランダム化比較試験による検証が必要としている。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛