2018年節分、恵方は南南東!改めて節分の豆の栄養を考えた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年節分、恵方は南南東!改めて節分の豆の栄養を考えたの画像1

「節分」で大豆を食ると「病気」も追い払う(depositphotos.com)

 鬼は外、福は内! 2月3日は節分だ。

 「恐るべき年取豆の多きかな」(木村たみ子『水の音』)という秀句がある。子どもの頃は、豆の数が少ないのが不服だったが、年をとると両手からこぼれ落ちるほどだ。老いの憤りとも悲しみとも感謝とも読める。

 節分の翌日、2月4日は立春。春がようやく芽吹く。

丑寅(うしとら)の時節に病気に罹らないように

 冬から春へ、五行の「水」から「木」へ、「丑(うし)」の1月から「寅(とら)」の2月へ――。

 その分水嶺が「節分」だ。古来より「節分」は、丑寅(うしとら)の時節に病気に罹らない呪(まじな)いを掛けるために行って来た追難の儀式で、中国から伝来後、室町時代頃に民衆に定着した。

 中医学では、病気は丑寅から発症し、悪化するとしているので、インフルエンザやウイルス性胃腸炎などが猛威を震うこの時期、節分の豆まきは実に理にかなっている。

 また、中医学の「経絡(けいらく)」の理論によると、午前1時から午前3時までの丑の刻は「肝経」という肝臓の経絡の時間帯なので、肝臓を休ませなければならない。経絡とは、気や血液や水などの代謝物質の通り道で、経脈は縦の脈、絡脈は横の脈の意味だ。

 しかも、節分は冬の「土用の最終日」に当たることから、土用には五行の土の気を高め、肺経や大腸経の働きを強める大豆が珍重された。

豆を鬼の魔目(まめ)をめがけて投げると「魔が滅する」

 なぜ煎り大豆(福豆)を播くようになったのだろう? 一説では「豆を煎る」が「魔目(まめ)を射る」に通じることから、豆を鬼の魔目(まめ)をめがけて投げると、魔が滅する(魔滅/まめ)としている。

 柊(ひいらぎ)の枝に炙った鰯(いわし)の頭を刺した「柊鰯」を玄関に飾る風習は、鬼を近寄らせない魔除けだ。確かに鰯の顔は鬼面だ。今や大阪の船場から全国に広がった「恵方巻」も縁起物。今年の恵方は「南南東」。その方角に向かい黙って丸かじりすれば、ご利益があるかも。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆