連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第45回

美味だが危険なフグの猛毒! 中毒は10年間で240件、有効な解毒薬はナシ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美味な「フグ」の猛毒の危険!10年間で発生件数は240件、患者数は354人、死亡例は9人の画像1

この10年間でフグ中毒の発生件数は240件、患者数は354人、死亡例は9人(depositphotos.com)

 2018年に開催された日本中毒学会東日本地方会で、筑波大学医学医療系法医学講座の村松尚範医師は、以下のような症例報告を行った――。

 日本在住のタイ国籍の40歳代の女性(飲食店経営)が、市場で購入したショウサイフグを自分で調理して食べた直後に、嘔気、指先や口周囲の痺れを訴え、病院到着後には意識レベルが低下、数分後には心肺停止、人工呼吸管理などの集中治療が施されたが、入院後7日目に鬼籍に入った。

 その後、解剖が行われ、神経線維が集中する大脳髄質が特に侵されており、肝臓や腎臓にも壊死所見が判明したとのことであった。

 フグ中毒事件は過去にも有名人の死亡例がある――。

 1975年、美食家として知られていた歌舞伎俳優の八代目坂東三津五郎は、割烹料理店でフグの肝臓を4人前食べた後に急逝。また力士では、1933年、当時23歳で大関昇進を目前に控えていた関脇の沖ツ島が、弟子が調理したフグを大量に食べた後に死亡。

 さらに1963年、佐渡ケ嶽部屋で幕下以下の力士6人が、チャンコ料理でフグの肝臓を食べた後に中毒症状を呈した。病院に救急搬送されたが、1人は翌日に、もう1人は3日後に亡くなった。

フグ中毒の症状は重篤かつ急激に増悪する

 フグ中毒は、主に肝臓や卵巣に存在する神経毒である「テトロドトキシン」が起因物質となる。テトロデトキシンの濃度は、フグの種類、内臓などの部位、産地、季節により異なる。

 さらに、魚の毒性の個体差も認められている。すなわち、ある魚では食しても中毒症状を認めないが、別の魚では最悪のケースでは死に至ることもある。

 初期症状は、食後5~40分で、口唇周囲や四肢のしびれ感、嘔気、悪心などの消化器症状が出現する。その後、食後30~60分で、言語のもつれ、顔面の筋力低下、めまいなどが認められる。さらに増悪すると、数時間後には、全身麻痺や呼吸不全を経て、低血圧、不整脈、徐脈などを呈し、死に至ることもある。

 症状の経過が急速に増悪することが多く、重篤な症例では呼吸循環管理などの集中治療を要するので、早期に医療施設を受診しなければならない。

 残念ながら現在のところ、有効な解毒薬は存在しない。フグ中毒の致死率は60%にも上るとされ、死因は呼吸循環不全である。

横山隆(よこやま・たかし)

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆の記事一覧

横山隆
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆