「大豆イソフラボン」は更年期障害の救世主? 実は日本人女性の3人に2人は効果なし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注:女性ホルモンの効果がある「大豆イソフラボン」は更年期障害の救世主? 実は日本人女性の3人に2人に効果なし!の画像1

「大豆イソフラボン」は更年期障害の救世主(depositphotos.com)

 師走ともなれば熱々のお鍋の季節だ。お鍋といえば欠かせないのが「豆腐」。良質のタンパク質、炭水化物、脂質、食物繊維、ミネラル、ビタミンのほか、サポニン、レシチン、大豆イソフラボンなどの微量成分がふんだんに含まれている。なかでも人気なのは「大豆イソフラボン」だろう。

 大豆イソフラボンは腸内で「エクオール」という成分に変わると、女性ホルモン(エストロゲン)のように働く。だが「日本人女性の3人に2人」は、その恩恵に与かれないので、まったく効果がないという。それはなぜか?

 大豆イソフラボンは、大豆の胚芽、味噌、納豆などの大豆発酵食品に多く含まれるフラボノイド(ポリフェノール)の仲間だ。ゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインの3種類の非配糖体(イソフラボンアグリコン)と、それぞれに3種類の配糖体(ゲニスチン、ダイジン、グリシチン)で構成されている。

 大豆イソフラボン配糖体は、腸内細菌の作用によってエストロゲン受容体に結合するとエクオールに変わり、腸内に吸収される。つまり、大豆イソフラボンは、その化学構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ているため、エストロゲン受容体に結合し吸収されやすい。

 この生理作用によって、骨粗鬆症の予防、更年期障害(ホットフラッシュ、発汗、肩こりなど)の軽減のほか、メタボの解消、動脈硬化のリスク軽減に効果が高く、PMS(月経前症候群)にも役立つとされている。

大豆イソフラボンをエクオールに変える腸内細菌を持つ日本人女性は約30%

 しかし、大豆イソフラボンをエクオールに変える腸内細菌を持つ日本人は約50%、女性なら約30%にすぎない。その理由は、厚労省の「国民健康・栄養調査/年齢別の豆類平均摂取量の比較」によれば、食生活の変化が原因と推定されている。

 ちなみに「エクオールを産出できるか否か」を知る方法がある。「ソイチェック(エクオール検査)」と呼ばれる方法だ。大豆イソフラボンやエクオールは、そのまま腸内に吸収され、吸収された大豆イソフラボンやエクオールは、尿となって排泄される。ということは、検尿をすれば尿中のエクオールの有無が判明するのだ。

 したがって、更年期障害などを軽減するためには、大豆イソフラボンを含む大豆発酵食品をはじめ、根菜、海草、キノコなどの食物繊維、乳酸菌などの発酵食品を毎日の食事に取り入れ、腸内環境を整えよう。また、エクオールのサプリメントを活用するときは、医師や管理栄養士のアドバイスをぜひ受けたい。

年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

Doctors Select

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫