<ステーキダイエットは危険>は本当か? 「赤肉」の食べ過ぎで糖尿病になる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<ステーキダイエットは危険>は本当か? 「赤肉」の食べ過ぎで糖尿病になる!?の画像1

赤肉の食べ過ぎで糖尿病は本当か?(depositphotos.com)

 近年、糖尿病の予防・改善方法として一般にも認知されてきた「糖質制限食」。毎日の食事で米飯や麺類、パンなどの糖質の摂取を最小限にして、食後血糖値の上昇を防ぐというもので、アメリカの糖尿病学会で2013年から正式に認められた食事療法だ。

  糖質を制限する一方で、肉、魚、豆製品、チーズなどのタンパク質や脂質が主成分の食品はしっかり食べることを推奨。理にかなっているだけでなく、これまで提唱されてきた「カロリー制限食」よりもずっと無理なく続けられる。

 そうした理由から、糖尿病患者だけでなく肥満やメタボリックシンドロームの改善や、健康志向の人のダイエット法としても定着した。

 しかし、タンパク質をたっぷり摂っていいといっても、「肉の食べ過ぎ」には気をつけたほうがいいらしい――。今年の8月22日、<赤肉と家禽類(鶏、ガチョウ、アヒルなど)の摂取が、2型糖尿病のリスクを高める>という研究結果が『American Journal of Epidemiology』(オンライン版)に掲載された。

 ちなみに「赤肉=red meat」はタンパク質と脂質のこと。日本語でいう「赤身肉=lean meat」は脂肪の少ない肉、タンパク質のことである。

赤肉で糖尿病の発症リスクがアップ?

 

 この結果を発表したのは、デューク・シンガポール国立大学医学部のKoh Woon Puay教授らだ。今回、研究グループは、「シンガポール中国人健康研究」の参加者で45~74歳の6万3257名を対象に、11年間にわたる追跡調査を行った。

 まず食事内容を165項目のアンケートを用いて評価。さらに1999~2004年、および2006~2010年に実施されたフォローアップ・インタビューで、2型糖尿病に関する自己申告が行われた。その結果、平均9.9年間の追跡期間中に、5207例の2型糖尿病罹患が報告された。

 それらを分析した結果、赤肉や家禽肉の摂取量と、糖尿病の発症リスクには、統計的に有意な関連があることが明らかになった。「摂取量が最も少なかった群」と「最も多かった群(1日当たり1皿)」を比較すると、赤肉では23%、家禽肉では15%、糖尿病の発症リスクが高くなったという。

 一方、魚介類の摂取と糖尿病発症との関連はみられなかったという。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆