「芸能」の記事一覧

糖尿病治療中のグレート義太夫が語る、たけし軍団流患う人への接し方とは?

風邪などで具合が悪いとき、人からかけられる「大丈夫?」の一言や、「つらそうだね」「ムリしないでね」といった優しい言葉は身にしみるものだ。それで病気が治るわけでもないが、気力は回復する。 治る病気に対してであれば、見舞いの言葉はかけやすい。声をかける側も、かけられる側も、…続きを読む

糖尿病治療中のグレート義太夫が語る、たけし軍団流患う人への接し方とは?

高倉健さんが闘った病気 悪性リンパ腫の高齢者患者が年々増加傾向にある

国民的人気俳優高倉健さんが悪性リンパ腫により11月10日都内の病院で亡くなっていたと報じられた。所属事務所の高倉プロモーションから各メディアに送付されたFAXでは、「映画俳優 高倉健は、次回作準備中、体調不良により入院、治療を続けておりましたが、容体急変にて11月10日午前…続きを読む

高倉健さんが闘った病気 悪性リンパ腫の高齢者患者が年々増加傾向にある
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔