「芸能」の記事一覧

柳沢慎吾さんがぎっくり腰! 再発防止のポイントは日常生活での心がけしかない

俳優でタレントの柳沢慎吾さんが 今年のゴールデンウィーク中にぎっくり腰になったことを、イベントで明かして話題になった。すぐに治ったものの、ゴールデンウィーク明けに床に落ちた衣装の装飾品を拾おうとした時に、ぎっくり腰が再発したという。 柳沢さんのように再発することが多い…続きを読む

柳沢慎吾さんがぎっくり腰! 再発防止のポイントは日常生活での心がけしかない

声帯を摘出したつんく♂が声を取り戻した!! 食道の粘膜を振動させて声を作る「食道発声法」とは?

アーティストで音楽プロデューサーのつんく♂が、今年4月、母校・近畿大学の入学式でスピーチを行った際、喉頭がん治療による声帯摘出を公表した。その後、食道発声法のトレーニングに励んできたつんく♂が、久しぶりに公の場に登場したのは7月3日。楽天VS日本ハム戦の始球式だった。その奮…続きを読む

声帯を摘出したつんく♂が声を取り戻した!! 食道の粘膜を振動させて声を作る「食道発声法」とは?

子だくさんのチャップリンが巻き込まれた父権認知訴訟! 血液判定の結果は!?

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」――。社会風刺とユーモア、庶民の哀愁と怒り、涙と笑い。戦禍に痛手を負った人々の胸に希望を灯したチャールズ・スペンサー・チャップリンは、「人生は欲望さ。すべてのものに欲望がある。欲望があるから、バラはバラら…続きを読む

子だくさんのチャップリンが巻き込まれた父権認知訴訟! 血液判定の結果は!?
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志