グラビア誌での人気顔は景気が左右する?好景気時はぽっちゃり顔が人気

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kao2.jpg

“景気”と“顔の造作”の相関とは? 人工知熊/PIXTA(ピクスタ)

 俗に「しけた面(ツラ)」といえば、ぱっとしない雰囲気を指す。ちなみに“しける”とは暴風雨で海が荒れるという意味の「しけ」を動詞化したもの。風雨で海が荒れること、さらに海が荒れて不漁であることを意味することが転じ、不景気であることや金回りが悪いことを意味するようになった。

 さて、この「しけたツラ」を、アメリカの心理学者であるテリー・F・ペティジョン2世が「不景気な顔」と「景気のいい顔」について具体的に研究した。興味を引くのは、分析した題材がグラビア写真だったことだ。

 ペティジョン2世は1999年、「環境保障に関する仮説」という論文を発表した。その仮説とは、「米国では“景気”と“顔の造作”(人気モデルや女優、歌手)には相関がある」というものだ。

 それによると、不景気なときには「安心感」をもたらす顔が人気になるという。キーワードは、独立心、力強さ、専門的、成熟、支配的、悪賢さ……。

 具体的にいうと、「面長」「目が小さい」「顎が尖っている」のだという。こういう顔が、「不景気をものともしない頼れる女性」とアメリカ人は感じるらしい。

 一方、景気がいいときには「若々しさ」が人気になる。キーワードは、ナイーブではない熱気、やさしさ、無邪気さ、誠実さ。具体的には「ぽっちゃり顔」で「大きな目」、「ふっくらとした頬」、「なだらかな顎」だという。

女性ヌード写真を分析し仮説は実証されたが……

 ペティジョン2世は2004年、この仮説を裏付ける研究を行い発表した。有名男性誌『PlayBoy』のグラビア写真を40年間(1960~2000年)分、分析したのである。同誌のグラビアはご存じのとおり、“プレイメイト”と呼ばれる女性のヌード写真(同誌は2016年3月からヌード写真掲載を止めると発表している)だ。

 この研究で、彼の仮説は見事立証され、景気が悪いときには、面長で、目が小さく、顎の尖った顔に人気があり、景気がよいときには、ぽっちゃり顔で、目が大きく、頬がふっくらし、なだらかな顎が、人気になることがわかったという。

 だが、顔の研究なのに、なぜヌード写真を分析したのか? さらには、女性の顔だけ分析したのか? という疑問が残る“トンデモ研究”だという気がしないでもない。

 名誉挽回のためなのか、ペティジョン2世は2014年、今度は別の雑誌を分析して結果を発表。音楽雑誌『ビルボード』ランキングにおけるレコード(CD)売り上げ数と、ラジオオンエア数のトップを飾ったグループミュージシャンを1946~2010年まで分析したのだ。

 今回は、女性ばかりでなく男性の顔も分析。その結果、やはり仮説と同様な結果が得られたという。こうして、ペティジョン2世の15年に及ぶ研究に、終止符がうたれた(と思われる)。

本の不景気な顔、景気のいい顔は?

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛