「芸能」の記事一覧

ミュージシャン・村田和人さんの訃報に学ぶ、大腸がん“転移”の怖さ~不気味ながん細胞の増殖

山下達郎さんプロデュースのスマッシュヒット「一本の音楽」(1983年)などで知られるシンガーソングライターの村田和人さんが、2月22日に亡くなった。享年62だった。 朝日新聞の訃報記事では「大腸がん」が死因、ネット上では「転移性肝臓がん」と報じられた例も多いが、一方が誤…続きを読む

ミュージシャン・村田和人さんの訃報に学ぶ、大腸がん“転移”の怖さ~不気味ながん細胞の増殖

ベッキーの不倫騒動で浮上~なぜ、成功者はパートナーの“グレードアップ”に走るのか?

新年早々、芸能界を震撼させた、優等生女優・ベッキーさんとバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの不倫報道。 1月下旬に収束を見せるかと思いきや、同28日発売の『週刊文春』に新情報が掲載。2人が励まし合うときの合い言葉「レッツ・ポジティブ」がネット上であっという間にト…続きを読む

ベッキーの不倫騒動で浮上~なぜ、成功者はパートナーの“グレードアップ”に走るのか?

発症率は100万人に約1.5人! オードリー・ヘプバーンを襲った「腹膜偽粘液腫」とは?

オードリー・ヘプバーンは、1929(昭和4)年5月4日、ブリュッセルのイクセルで生まれた。5歳でイギリスの寄宿学校に入学。両親は離婚し、父と離別。10歳の時、祖父の住むオランダ、アムステルダムへ移住。6年間、ソニア・ガスケルの特訓が実り、バレリーナになる。 第二次世界大…続きを読む

発症率は100万人に約1.5人! オードリー・ヘプバーンを襲った「腹膜偽粘液腫」とは?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔