「芸能」の記事一覧

加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」を米食品医薬品局が否定!?

1964年に「The Times They Are a-Changin'(時代は変わる)」と歌ったのは、かのボブ・ディランだ。 一方、半ばドヤ顔気味に「This changes everything(これがすべてを変える)」と、紙巻きタバコ派からの転向を煽っているのは、…続きを読む

加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」を米食品医薬品局が否定!?

松田優作、膀胱がんを患いながらも「映画と心中」した40歳の壮絶な最期

「人間は二度死ぬ。肉体が滅びた時と、みんなに忘れ去られた時だ」――。野獣のような体臭、命を切り刻むような哀感。「なんじゃこりゃぁ!?」。あの時代に飢え切った肉声を撒き散らしながら、ほくそ笑んで旅立った孤高の男・松田優作。その後ろ姿を見失った世代は忘れがたい。 1989(…続きを読む

松田優作、膀胱がんを患いながらも「映画と心中」した40歳の壮絶な最期

大原麗子の死因は「不整脈による脳内出血」? 「ギラン・バレー症候群」と闘った62年の女優人生

美人を「明眸皓歯(めいぼうこうし)」とたとえる。澄んだ瞳に白い歯。リップサービス(お世辞)でなく、女性なら誰もが垂涎の羨望を抱くプレミア級の賞賛と憧憬――。 この栄誉と敬愛に値する「素顔の麗人」は誰だろう?大原麗子、62年の女優人生 2009(平成21)年8月6…続きを読む

大原麗子の死因は「不整脈による脳内出血」? 「ギラン・バレー症候群」と闘った62年の女優人生
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太