「芸能」の記事一覧

清原和博「覚せい剤は怪物、悪魔、戦いは一生続く」〜再起の最大の敵は「社会的孤立」?

「一日一日が『今日は使わなかった』『じゃあ明日も頑張ろう』の積み重ね。覚せい剤はまさに怪物、悪魔で戦いは一生続くと思う」 覚せい剤取締法違反で逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏が、12月29日放送の『ニュースキャスター」(TBS系)で、そ…続きを読む

清原和博「覚せい剤は怪物、悪魔、戦いは一生続く」〜再起の最大の敵は「社会的孤立」?

ピコ太郎、レディー・ガガ……脳内ループする音楽~ 「あの曲」から解放される3つの方法

誰しも、ある音楽が耳にこびりついて離れない、頭の中で一日中ぐるぐると同じ曲が流れる、そんな経験があるだろう。嫌いな曲というわけでもないが、あまりにも繰り返し流れ続けるので、うんざりするものだ。 ありがちだが日常に埋もれている、この名もない現象は、英語では「イヤーワーム(…続きを読む

ピコ太郎、レディー・ガガ……脳内ループする音楽~ 「あの曲」から解放される3つの方法

新垣結衣・星野源さん主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』~<契約結婚>は現実に成立する?

TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜日22時~)が好評だ。通称<逃げ恥(ニゲハジ)>、今期のヒットドラマに化けそうな予感である。 職なし・彼氏なし・居場所なしの25歳ヒロイン<森山みくり>役を新垣結衣さんが愛らしくも凛々しく、好演。相手役の星野源さんが扮…続きを読む

新垣結衣・星野源さん主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』~<契約結婚>は現実に成立する?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔