杏さんが入院するほどの腸炎に! 他人事ではない、意外と知られていないそのリスク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
stomachache.jpg

腸炎で入院することも......aijiro/PIXTA(ピクスタ)

 主演する連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)が絶好調の杏さん。ところが先日、「腸炎で都内の病院に緊急入院」というニュースが報じられた。8月5日、腹痛を訴えた彼女は、「腸炎」と診断された。「念のために大事を取って入院」とのことだが、腸炎を詳しく知らないファンは、杏さんの病状を心配したことだろう。

 腸炎とは、一体どのような病気なのだろうか。また、入院の必要があるほどの症状とはどれほどなのだろう。意外と身近でかかりやすい腸炎。その種類や原因、症状などを紹介したい。

悪化すると点滴が必要になって入院に

 著名人が患うとニュースとなって、ときどき世間を賑わす腸炎。たとえば、タレントの中川翔子さんも昨夏、「腹部に激痛が走り、自ら病院に駆け込んだ」と自身のブログで発表。台湾でのライブの終了後のことで、急性腸炎の疑いがあるという報告だった。

 また2013年には、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春奈さんが急性腸炎で都内の病院に入院。高熱と下痢の症状があったという。

 定期的に芸能ニュースとなる急性腸炎だが、入院を必要とするのは、どのような状態なのだろう。急性腸炎の症状は下痢や腹痛、吐き気、嘔吐、発熱などである。病状が進むと、下痢による脱水症状が起き、脱力感や倦怠感が表れる。こうなると、トイレに通うのもつらくなる。

 こうした吐き気や嘔吐、下痢がひどく、脱水が疑われる場合は、自力での水分摂取ができなくなる。そのため、持続的な点滴が必要になって入院を余儀なくされる。また、感染性の高熱が出た場合も、入院を要することがある。

他人事ではない急性性腸炎の怖さ!

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真