杏さんが入院するほどの腸炎に! 他人事ではない、意外と知られていないそのリスク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
stomachache.jpg

腸炎で入院することも......aijiro/PIXTA(ピクスタ)

 主演する連続ドラマ『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)が絶好調の杏さん。ところが先日、「腸炎で都内の病院に緊急入院」というニュースが報じられた。8月5日、腹痛を訴えた彼女は、「腸炎」と診断された。「念のために大事を取って入院」とのことだが、腸炎を詳しく知らないファンは、杏さんの病状を心配したことだろう。

 腸炎とは、一体どのような病気なのだろうか。また、入院の必要があるほどの症状とはどれほどなのだろう。意外と身近でかかりやすい腸炎。その種類や原因、症状などを紹介したい。

悪化すると点滴が必要になって入院に

 著名人が患うとニュースとなって、ときどき世間を賑わす腸炎。たとえば、タレントの中川翔子さんも昨夏、「腹部に激痛が走り、自ら病院に駆け込んだ」と自身のブログで発表。台湾でのライブの終了後のことで、急性腸炎の疑いがあるという報告だった。

 また2013年には、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春奈さんが急性腸炎で都内の病院に入院。高熱と下痢の症状があったという。

 定期的に芸能ニュースとなる急性腸炎だが、入院を必要とするのは、どのような状態なのだろう。急性腸炎の症状は下痢や腹痛、吐き気、嘔吐、発熱などである。病状が進むと、下痢による脱水症状が起き、脱力感や倦怠感が表れる。こうなると、トイレに通うのもつらくなる。

 こうした吐き気や嘔吐、下痢がひどく、脱水が疑われる場合は、自力での水分摂取ができなくなる。そのため、持続的な点滴が必要になって入院を余儀なくされる。また、感染性の高熱が出た場合も、入院を要することがある。

他人事ではない急性性腸炎の怖さ!

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛