「芸能」の記事一覧

ミュージシャン・村田和人さんの訃報に学ぶ、大腸がん“転移”の怖さ~不気味ながん細胞の増殖

山下達郎さんプロデュースのスマッシュヒット「一本の音楽」(1983年)などで知られるシンガーソングライターの村田和人さんが、2月22日に亡くなった。享年62だった。 朝日新聞の訃報記事では「大腸がん」が死因、ネット上では「転移性肝臓がん」と報じられた例も多いが、一方が誤…続きを読む

ミュージシャン・村田和人さんの訃報に学ぶ、大腸がん“転移”の怖さ~不気味ながん細胞の増殖

ベッキーの不倫騒動で浮上~なぜ、成功者はパートナーの“グレードアップ”に走るのか?

新年早々、芸能界を震撼させた、優等生女優・ベッキーさんとバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの不倫報道。 1月下旬に収束を見せるかと思いきや、同28日発売の『週刊文春』に新情報が掲載。2人が励まし合うときの合い言葉「レッツ・ポジティブ」がネット上であっという間にト…続きを読む

ベッキーの不倫騒動で浮上~なぜ、成功者はパートナーの“グレードアップ”に走るのか?

発症率100万人に1.5人 オードリー・ヘプバーンを襲った「腹膜偽粘液腫」とは?

オードリー・ヘプバーンは、1929(昭和4)年5月4日、ブリュッセルのイクセルで生まれた。5歳でイギリスの寄宿学校に入学。両親は離婚し、父と離別。10歳の時、祖父の住むオランダ、アムステルダムへ移住。6年間、ソニア・ガスケルの特訓が実り、バレリーナになる。 第二次世界大…続きを読む

発症率100万人に1.5人 オードリー・ヘプバーンを襲った「腹膜偽粘液腫」とは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆