「芸能」の記事一覧

清原和博、高知東生、高樹沙耶、ASKA……相次いだ有名人の薬物事件! 彼らはなぜドラッグに?

2016年もいろいろなニュースが生まれたが、特に世間を騒がせた一連のトピックといえば、相次いだ有名人の薬物報道ではないだろうか。 今年の薬物事件(報道)をざっと振り返ってみよう――。清原和博、高知東生、高樹沙耶、ASKA……相次いだ有名人の逮捕 まずは2月3日。…続きを読む

清原和博、高知東生、高樹沙耶、ASKA……相次いだ有名人の薬物事件! 彼らはなぜドラッグに?

乳がんの小林麻央さんが「不安」を吐露~ 「がんサバイバー」の2割がメンタルに危機!

現在、乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さんが、11月14日にブログを更新。長女の麗禾ちゃんと長男の勸玄くんが、可愛らしく手をつないで移動している後ろ姿の画像をアップし、「この後ろ姿が送られてきて、泣いてしまった」と告白した。 それでも気丈に「弱気になっているの…続きを読む

乳がんの小林麻央さんが「不安」を吐露~ 「がんサバイバー」の2割がメンタルに危機!

紅音ほたるさんの命を奪った成人喘息~成人発症の喘息で心疾患と脳卒中リスクも上昇

「ヒューヒュー」「ゼーゼー」、大人になるにつれて体の機能が強くなり喘息((気管支喘息))が治る子どもは多い。 だが、実は最近では、40〜50代の喘息の発作が増えており、喘息で亡くなる人もいる。 8月15日に32歳という若さで急死した元AV女優の紅音(あかね)ほたるさ…続きを読む

紅音ほたるさんの命を奪った成人喘息~成人発症の喘息で心疾患と脳卒中リスクも上昇
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆