DAIGOさん『24時間テレビ』で100kmを"号泣"走破! 汗と涙の影に"疲労骨折"の危険も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
daigo.jpg

"号泣ゴール"したDAIGOさん! オフィシャルブログより

 夏の風物詩、『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)――。毎回話題のひとつになるのは、チャリティマラソン。第38回目のチャリティマラソンランナーを務めたのは、ロックバンド「BREAKERS」ボーカルのDAIGOさん。

 今回は、北海道と沖縄から47都道府県450人がつないできた2本のたすきを、DAIGOさんが日本武道館に届けるという、同番組史上初の試みだ。8月22日19時過ぎ、100kmの走破を目指してスタート。途中でスコールのような雨に打たれながらも、23日午後8時40分過ぎ、号泣しながらゴールした。

 陸上競技が嫌いで、運動とは無縁な生活を送っていたDAIGOさん。生涯で十数キロしか走ったことがなかった彼にとって、難度の高いミッションだったに違いない。番組終了後のメディカルチェックによると、幸いにも体に重大な故障やダメージはなかったようだ。

遺伝子レベルで長距離走が苦手な人もいる!?

 努力をすれば結果につながり報われる――。ところが、どんなに頑張っても長距離を走れない人、遺伝子レベルで長距離走の苦手かもしれない人がいるという。

 英ラフバラー大学のジェイミー・ティモンズ教授の研究によると、「人には長い距離走れるかどうかを決定付ける30の遺伝子がある」ということが分かっている。だが、5人に1人はこの遺伝子がないため、生まれつき長距離走に向いていないという。

 遺伝子の働きは、筋肉繊維間の血管を発達させ、筋肉は運動時により多くの酸素を得ることができ、より速く走れるようになるのだ。だが、この遺伝子を持たない人は、運動時に筋肉へ十分な酸素が供給されないため、どんなにトレーニングを積んでもパフォーマンスが上がらないという。

 ティモンズ教授は、「この遺伝子が欠如している人は、どんなに苦しいトレーニングに耐えても、長距離走が得意になることはない。無理なトレーニングを続けると、体を壊すことさえある」とコメントしている。

 さらに「そういう人はランニングを続けるよりも、マシンや武術などでトレーニングをした方がいい」とティモンズ教授はアドバイスしている。どんなに頑張っても長距離がダメだという人いるというわけだ。

ランニング中の疲労が負荷を増加させ骨折に

年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

Doctors Select

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫