黒木奈々さん(享年32)も胃がんで急逝、国がん「予測」でリスク回避

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cancerscreening.jpg

億劫がらずに検査を! Fuchsia/PIXTA(ピクスタ)

 2015年9月19日、フリーアナウンサーの黒木奈々さん(享年32)が、胃がんのため亡くなった。一年前に胃がんであることを公表し、自身の闘病体験を綴った『未来のことは未来にまかせよう 31歳で胃がんになったニュースキャスター』を刊行し、仕事を再開した矢先の訃報だった。

 がんが、日本人の死因の上位を占めることは、よく知られている。近年でこそ、がんのなかでも肺がんや大腸がん上位だが、数年前までは胃がんが第1位。

 その胃がんに関して、国立がん研究センターの「予防研究グループ」は今年9月、年齢や生活習慣に応じて、10年以内に胃がんが発症する確率を予測するモデルを発表した。

 予測の根拠となるのは、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の全国6地域の保健所管内に住む計約1万9000人(40〜69歳の男女)へのアンケートと追跡調査だ。

男性の発症リスクが高く、加齢で確率が高まる

 血液提供のあったこれらの人々を、15年以上(1993~2009年)にわたって追跡調査した上で、生活実態や病歴を尋ねるアンケートを重ねた。そして、年齢や性別、ピロリ菌や慢性胃炎の有無、喫煙や塩分の多い食生活など、生活習慣の危険因子を判定材料に、胃がん発症の危険性を分析した。

 その結果、慢性胃炎をもつ70歳の男性で、なおかつ[①喫煙][②親か姉弟姉妹に胃がん患者がいる][③塩分の高い食生活]の3つの危険要因をすべて満たす場合は、10年以内に胃がんを発症する確率が約15%だった。

 一方で、[④ピロリ菌を持たない][⑤慢性胃炎がない]40歳男性で、さらに[⑥喫煙なし]などの危険要因がない場合は、発症確率は0.04%と、がぜん低くなることが判明した。一方、女性の場合は、慢性胃炎がある70歳で、先の①~③の危険要因をすべてもっていても、その確率は5%で男性よりも低かった。

 全体で見れば、男性の発症リスクのほうが高く、特に加齢によってその確率が高まることも明らかになった。

危険因子を点数化、合計スコアで自分の発症確率を確認

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真