NHK朝ドラのヒロイン、波瑠さんもいじめ経験~法律がいじめを減らす?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
haru.jpg

波瑠さんのオフィシャルブログより

 平均視聴率が20%超えでスタートした、2015年のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』。ヒロイン役を務めている波瑠さんは、そのキュートな魅力で視聴者の心をつかんでいる。

 そんな波瑠さんは、過去にいじめを経験したことを告白している。小学生から中学生にかけてクラスのなかで孤立し、いつも保健室で過ごしていたという。ただし、負けん気の強い彼女は絶対に泣かなかった。芸能界に入ったのは、学校を休んだり早退したりする理由になるという理由もあったといわれている。

 彼女は「波瑠オフィシャルブログ」で、次のように綴っている。

 「わたしも小学生から中学生にかけての時間で、経験したことだから。いじめられることの痛さはよく知ってるつもりなんだ。」とし、「学校には行きたくても行けなくなるよ、それは本当だよ。だけど、わたしたちは傷つくために生まれたんじゃないはずなんだよ。」と吐露している。

 彼女のいまの活躍の背景には、こんな経験で培った強さがあるのかもしれない。

 今年10月9日、いじめを受けて殺した大津市立中学2年の男子生徒の父親が、事件から4年を前に越直美市長が記者会見を行い、いじめ防止対策推進法の改正の必要性を訴えた。

 今年7月も岩手県で中2男子のいじめ自殺が起きた。会見では、「子どもの命を救ってくれるはずの推進法と文部科学省の施策は、簡単に形骸化することも明らかになった」と指摘。「実効性のある法律」を訴え、推進法改正を国に求めていく考えを示している。

法律は「いじめ防止」の戦略で不可欠

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志