世界マスターズで金メダル獲得の武井壮さん、綾小路翔さんの危機を救う!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takei.jpg

多面な活躍を見せる! 武井壮さん(オフィシャルサイトより)

 8月16日、仏・リオンで行われた「世界マスターズ陸上競技選手権大会」において、40〜44歳が出場する「M40クラス」の400mリレーで、タレントの武井壮さんが金メダルを獲得した。武井さんは日本代表チームのアンカーとして出場。世界記録には及ばなかったが、42秒70という日本記録を更新する好タイムで金メダルを獲得した。

 陸上・十種競技の元日本チャンピオンの武井さんは、この2年間、仕事の合間に毎日1時間、全力を尽くしてトレーニングを続けてきた。その努力の結果が、世界の舞台での金メダル獲得だった。

 地上最強の"百獣の王"をめざしてトレーニングを続けているという武井さんだが、先日、ロックバンド氣志團の綾小路翔さんを"救う"というナイスな一面を見せている。武井さんの適切な指示による応急処置で、綾小路さんが靱帯損傷の危機を免れたというものだ。

「スーパードクター直太朗!」の影には......

 今年1月に右足の骨折および靱帯損傷のケガを負い、8月14日に受けた検査で骨折が完治したと報告した綾小路さんだが、その少し前にも再び階段で足首をひねり、危うく靱帯を損傷しかねなかったという。

 綾小路さんは足首をひねった際、ちょうど居合わせた友人で歌手の森山直太朗さんに応急処置をしてもらったという。激痛はあったもののそれ以上は悪化せず、骨にも異常はなかった。最初はテーピング処置を施した森山さんだったが、綾小路さんの腫れた足首の状態が気になり、友人の武井さんに連絡をとって適切な方法を聞き、再度、処置を行ったという。

 ネット上では、森山さんを「スーパードクター直太朗!」と称賛する驚きの声があがったが、その影には武井さんの的確なアドバイスがあったというわけだ。

足首をひねったときの応急処置とは

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘