武井壮さん、綾小路翔さんの「靱帯損傷」の危機を救う!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武井壮さん、綾小路翔さんの「靱帯損傷」の危機を救う!?の画像1

多面な活躍を見せる! 武井壮さん(オフィシャルサイトより)

 8月16日、仏・リオンで行われた「世界マスターズ陸上競技選手権大会」において、40〜44歳が出場する「M40クラス」の400mリレーで、タレントの武井壮さんが金メダルを獲得した。武井さんは日本代表チームのアンカーとして出場。世界記録には及ばなかったが、42秒70という日本記録を更新する好タイムで金メダルを獲得した。

 陸上・十種競技の元日本チャンピオンの武井さんは、この2年間、仕事の合間に毎日1時間、全力を尽くしてトレーニングを続けてきた。その努力の結果が、世界の舞台での金メダル獲得だった。

 地上最強の"百獣の王"をめざしてトレーニングを続けているという武井さんだが、先日、ロックバンド氣志團の綾小路翔さんを"救う"というナイスな一面を見せている。武井さんの適切な指示による応急処置で、綾小路さんが靱帯損傷の危機を免れたというものだ。

「スーパードクター直太朗!」の影には......

 今年1月に右足の骨折および靱帯損傷のケガを負い、8月14日に受けた検査で骨折が完治したと報告した綾小路さんだが、その少し前にも再び階段で足首をひねり、危うく靱帯を損傷しかねなかったという。

 綾小路さんは足首をひねった際、ちょうど居合わせた友人で歌手の森山直太朗さんに応急処置をしてもらったという。激痛はあったもののそれ以上は悪化せず、骨にも異常はなかった。最初はテーピング処置を施した森山さんだったが、綾小路さんの腫れた足首の状態が気になり、友人の武井さんに連絡をとって適切な方法を聞き、再度、処置を行ったという。

 ネット上では、森山さんを「スーパードクター直太朗!」と称賛する驚きの声があがったが、その影には武井さんの的確なアドバイスがあったというわけだ。

足首をひねったときの応急処置とは

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛