世界マスターズで金メダル獲得の武井壮さん、綾小路翔さんの危機を救う!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takei.jpg

多面な活躍を見せる! 武井壮さん(オフィシャルサイトより)

 8月16日、仏・リオンで行われた「世界マスターズ陸上競技選手権大会」において、40〜44歳が出場する「M40クラス」の400mリレーで、タレントの武井壮さんが金メダルを獲得した。武井さんは日本代表チームのアンカーとして出場。世界記録には及ばなかったが、42秒70という日本記録を更新する好タイムで金メダルを獲得した。

 陸上・十種競技の元日本チャンピオンの武井さんは、この2年間、仕事の合間に毎日1時間、全力を尽くしてトレーニングを続けてきた。その努力の結果が、世界の舞台での金メダル獲得だった。

 地上最強の"百獣の王"をめざしてトレーニングを続けているという武井さんだが、先日、ロックバンド氣志團の綾小路翔さんを"救う"というナイスな一面を見せている。武井さんの適切な指示による応急処置で、綾小路さんが靱帯損傷の危機を免れたというものだ。

「スーパードクター直太朗!」の影には......

 今年1月に右足の骨折および靱帯損傷のケガを負い、8月14日に受けた検査で骨折が完治したと報告した綾小路さんだが、その少し前にも再び階段で足首をひねり、危うく靱帯を損傷しかねなかったという。

 綾小路さんは足首をひねった際、ちょうど居合わせた友人で歌手の森山直太朗さんに応急処置をしてもらったという。激痛はあったもののそれ以上は悪化せず、骨にも異常はなかった。最初はテーピング処置を施した森山さんだったが、綾小路さんの腫れた足首の状態が気になり、友人の武井さんに連絡をとって適切な方法を聞き、再度、処置を行ったという。

 ネット上では、森山さんを「スーパードクター直太朗!」と称賛する驚きの声があがったが、その影には武井さんの的確なアドバイスがあったというわけだ。

足首をひねったときの応急処置とは

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘