武井壮さん、綾小路翔さんの「靱帯損傷」の危機を救う!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武井壮さん、綾小路翔さんの「靱帯損傷」の危機を救う!?の画像1

多面な活躍を見せる! 武井壮さん(オフィシャルサイトより)

 8月16日、仏・リオンで行われた「世界マスターズ陸上競技選手権大会」において、40〜44歳が出場する「M40クラス」の400mリレーで、タレントの武井壮さんが金メダルを獲得した。武井さんは日本代表チームのアンカーとして出場。世界記録には及ばなかったが、42秒70という日本記録を更新する好タイムで金メダルを獲得した。

 陸上・十種競技の元日本チャンピオンの武井さんは、この2年間、仕事の合間に毎日1時間、全力を尽くしてトレーニングを続けてきた。その努力の結果が、世界の舞台での金メダル獲得だった。

 地上最強の"百獣の王"をめざしてトレーニングを続けているという武井さんだが、先日、ロックバンド氣志團の綾小路翔さんを"救う"というナイスな一面を見せている。武井さんの適切な指示による応急処置で、綾小路さんが靱帯損傷の危機を免れたというものだ。

「スーパードクター直太朗!」の影には......

 今年1月に右足の骨折および靱帯損傷のケガを負い、8月14日に受けた検査で骨折が完治したと報告した綾小路さんだが、その少し前にも再び階段で足首をひねり、危うく靱帯を損傷しかねなかったという。

 綾小路さんは足首をひねった際、ちょうど居合わせた友人で歌手の森山直太朗さんに応急処置をしてもらったという。激痛はあったもののそれ以上は悪化せず、骨にも異常はなかった。最初はテーピング処置を施した森山さんだったが、綾小路さんの腫れた足首の状態が気になり、友人の武井さんに連絡をとって適切な方法を聞き、再度、処置を行ったという。

 ネット上では、森山さんを「スーパードクター直太朗!」と称賛する驚きの声があがったが、その影には武井さんの的確なアドバイスがあったというわけだ。

足首をひねったときの応急処置とは

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇