「芸能」の記事一覧

腰椎破裂骨折から復活したお笑い芸人「ずん」のやすさん、最悪のケースでは後遺症が残ることも......

2012年2月、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の新潟県内のスキー場での収録中に、ゲレンデを水上スキー用のゴムボートで走行、スピードが出過ぎていたため雪で作った停止点で止まることができず、その先のトタンに腰を強打して、腰の骨を折る大けがを負ったお笑い芸…続きを読む

腰椎破裂骨折から復活したお笑い芸人「ずん」のやすさん、最悪のケースでは後遺症が残ることも......

SMAP・中居正広さんが告白! "のどの腫瘍"で「声を失うこと」も覚悟!! 再発したら長期間の休養も......

7月4日、人気グループSMAPの中居正広さんがラジオ番組『中居正広のSome girl'SMAP」(ニッポン放送)で、のどの腫瘍の摘出手術について、その心境を詳しく語った。 中居さんは、約1年半前からのどに違和感を覚え、今年5月下旬に検査で病院に行ったと告白。のどに腫瘍…続きを読む

SMAP・中居正広さんが告白!

地下アイドル仮面女子・神谷えりなを苦しめていた後天的な斜視とは?

「地下アイドル」仮面女子神谷えりなさんの斜視が話題となり、5月28日のブログでは「簡潔に言うと、、、無事手術がおわりました!!」と手術報告を行いファンを安心させたようです。 斜視は、乳幼児に見られる目の位置異常と思われていますが、後天的に、つまりある程度の年齢になってか…続きを読む

地下アイドル仮面女子・神谷えりなを苦しめていた後天的な斜視とは?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔