伝説のグループ・おニャン子クラブから30年、新田恵利が今、密かにハマる"はちみつ"?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
main1.jpg

「はちみつマイスター」の資格を持つ新田恵利さん

 1985年に、フジテレビのバラエティ番組『夕やけニャンニャン』から誕生し、一躍国民的アイドルグループに上り詰めたおニャン子クラブ。新田恵利さんはそんなおニャン子クラブを牽引した人気メンバーの一人だ。今年で芸能生活30周年を迎える。
 
 その新田恵利さんが最近、ひょんなきっかけから興味を持つようになったのが"はちみつ"だという。昨年、日本で唯一という、はちみつの専門家資格「はちみつマイスター」を取得。今年に入ってからも、はちみつの日(8月3日)に合わせて行われた、最もおいしいはちみつを選ぶ新コンテスト「第1回ハニー・オブ・ザ・イヤー」で審査員をつとめるなど、"愛好家"としての活動を本格的にスタートさせた。

 今回は美容や介護にも効果的だという、その"はちみつ"の魅力について、改めてお話を伺ってみた。

はちみつへの興味のきっかけはお肌の曲がり角

 おニャン子クラブとしてデビューした当時は17歳の高校生だったという新田さん。それから30年を経て現在は47歳。はちみつに興味を持ったきっかけは意外なところにあった。

kijitop.jpg

第1回ハニー・オブ・ザ・イヤーで審査員をつとめた新田さん(前列の右から2人目)

 「わたしは食べることよりもむしろ、美容について調べる中ではちみつに興味を持ちました。元々、以前から乾燥肌だったんですけど、歳を重ねるごとにすごくお肌のひどい時期があって、いろんな化粧品を試したんですけども、どうも納得いかないし、改善されないし......。お肌には何がいいんだろう、自然なもののほうがいいのかなって、いろいろとネットサーフィンをして調べていくなかで、はちみつにたどりつきました」

 やがて「一般社団法人日本はちみつマイスター協会」が運営するはちみつの資格「はちみつマイスター」の存在を知る。

 「ただ、はちみつがいいと納得して、市販のものを言われるままに使い始めるのではなく、健康に関わることだし、どうして肌にいいのだろうって、そのへんのこともちゃんと勉強したほうがいいのかなって思ったんです。『はちみつマイスター』の資格はまだそんなに参加者が多くないから、今なら少人数で丁寧に教えてもらえるんじゃないかって。それで参加することを決めました」

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘