歌手・AIさんが選んだ「水中出産」、そのリスクとベネフィットとは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pregnant.jpg

水中出産のリスクに迫る toguchi/PIXTA(ピクスタ)

 今年8月28日、歌手のAIさんが、第1子の女の子を出産したことが報じられた。AIさんは2013年、音楽集団「カイキゲッショック」のリーダーでボーカルのHIROさんと結婚。妊娠出産のために2年間の音楽活動休止期間をとっていた。

 そして、このたび無事に妊娠、出産に至った。今回、AIさんが選択したのは「水中出産」という、いわゆる温水プールのなかで産む方法だ。あまり一般的ではないお産方法だが、すでに芸能界では、山田優さんや長谷川潤さん、道端カレンさん、三井ゆりさんなどが経験しており、ポピュラーになりつつある。

 水中出産は元々、フランスやイギリスなどのヨーロッパ諸国で提唱された。水中という出産環境を、「羊水」に見立てているのがポイントだ。ご存じのとおり、羊水は胎児を取り囲み保護している液体。その羊水に近い温度と濃度、環境を作り出すため、36.5~37度の温水に自然塩を溶かす。その「液体」に満たされたプールの中で分娩を行う。

 生まれてくる赤ちゃんとっては、胎内から出てきた後も羊水に近い環境がクッション効果を役目を果たし、外傷などのダメージが少ないといわれている。

 この水中出産にも、いくつか種類がある。分娩第1期を浴槽内で過ごして、最終的なお産は浴槽から出て行う方法、水中で胎児を出産する方法、出産後の胎盤娩出まで水中で行う方法などだ。

なぜ水中出産が選ばれる?

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志