歌手・AIさんが選んだ「水中出産」、そのリスクとベネフィットとは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pregnant.jpg

水中出産のリスクに迫る toguchi/PIXTA(ピクスタ)

 今年8月28日、歌手のAIさんが、第1子の女の子を出産したことが報じられた。AIさんは2013年、音楽集団「カイキゲッショック」のリーダーでボーカルのHIROさんと結婚。妊娠出産のために2年間の音楽活動休止期間をとっていた。

 そして、このたび無事に妊娠、出産に至った。今回、AIさんが選択したのは「水中出産」という、いわゆる温水プールのなかで産む方法だ。あまり一般的ではないお産方法だが、すでに芸能界では、山田優さんや長谷川潤さん、道端カレンさん、三井ゆりさんなどが経験しており、ポピュラーになりつつある。

 水中出産は元々、フランスやイギリスなどのヨーロッパ諸国で提唱された。水中という出産環境を、「羊水」に見立てているのがポイントだ。ご存じのとおり、羊水は胎児を取り囲み保護している液体。その羊水に近い温度と濃度、環境を作り出すため、36.5~37度の温水に自然塩を溶かす。その「液体」に満たされたプールの中で分娩を行う。

 生まれてくる赤ちゃんとっては、胎内から出てきた後も羊水に近い環境がクッション効果を役目を果たし、外傷などのダメージが少ないといわれている。

 この水中出産にも、いくつか種類がある。分娩第1期を浴槽内で過ごして、最終的なお産は浴槽から出て行う方法、水中で胎児を出産する方法、出産後の胎盤娩出まで水中で行う方法などだ。

なぜ水中出産が選ばれる?

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子