玉置浩二さんが「大腸憩室炎」で緊急入院~男性は40歳以降で注意したい“お腹の病気”

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tamakikoji-2.jpg

玉置浩二さんが緊急入院(所属レーベルの公式HPより)

 ミュージシャンの玉置浩二さん(57)が緊急入院した。ツアーが生き甲斐という玉置さんだが、持病にはお手上げのようで、5月中の5公演が中止に追い込まれた。

 公演中止の告知およびお詫び文が発表された公式サイト上では、玉置さんの病状がこのように記されていた。

 「四月下旬頃より突然の高熱と腹痛にみまわれ、感冒を疑い受診したところ、精査の結果、以前より患っていた大腸憩室に細菌性の炎症(憩室炎)を起こしていることが判明し、現在入院、抗生剤の点滴等により加療し、快方に向かいつつあります。」

憩室炎とは? 便秘気味の人は要注意

 大腸の壁から飛び出した複数の風船状の袋(=憩室)に炎症や感染症が起きた状態を「憩室炎」といい、通常は結腸に生じる。憩室は外に飛び出ているぶん、便の流れを悪くし、細菌の繁殖によって炎症を起こすとさまざまな症状が現われる。

 症状としては腹痛と圧痛(=左側の下腹部が多い)があり、微熱が生じたら典型的な憩室炎が疑われる。加齢に伴う憩室そのものは誰にも避けられず、一度できてしまうと、それがなくなることもない。

 なかでも便秘気味の人の場合、古い便が滞って細菌の温床となることから、憩室の細菌感染が起こりやすい。また、排便のための日常のいきみ(=腹圧)が憩室を形成しやすいという悪循環にもつながる。

 玉置さんが見舞われた大腸憩室炎は、およそ25%の確率で再発する。「以前より患っていた」という記述がそれを物語る。

 憩室炎の人が増えるのは40歳以降で、50歳未満で手術を受けなければならない例は、男女比で男性側が約3倍多い(70歳を超えるとこの比率が逆転する)。

「がん免疫療法」の情報が氾濫~正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ
インタビュー 進行がんは「免疫」で治す 第1回 昭和大学教授 角田卓也

<第4の治療>として注目されている「がん免疫療法」。がん免疫療法の最前線で研究を続けてきたエキスパートである昭和大学の角田卓也教授に、その種類と効果、実績などを元に、一般の人が「正しく治療法を選ぶための知識」について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘