玉置浩二さんが「大腸憩室炎」で緊急入院~男性は40歳以降で注意したい“お腹の病気”

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tamakikoji-2.jpg

玉置浩二さんが緊急入院(所属レーベルの公式HPより)

 ミュージシャンの玉置浩二さん(57)が緊急入院した。ツアーが生き甲斐という玉置さんだが、持病にはお手上げのようで、5月中の5公演が中止に追い込まれた。

 公演中止の告知およびお詫び文が発表された公式サイト上では、玉置さんの病状がこのように記されていた。

 「四月下旬頃より突然の高熱と腹痛にみまわれ、感冒を疑い受診したところ、精査の結果、以前より患っていた大腸憩室に細菌性の炎症(憩室炎)を起こしていることが判明し、現在入院、抗生剤の点滴等により加療し、快方に向かいつつあります。」

憩室炎とは? 便秘気味の人は要注意

 大腸の壁から飛び出した複数の風船状の袋(=憩室)に炎症や感染症が起きた状態を「憩室炎」といい、通常は結腸に生じる。憩室は外に飛び出ているぶん、便の流れを悪くし、細菌の繁殖によって炎症を起こすとさまざまな症状が現われる。

 症状としては腹痛と圧痛(=左側の下腹部が多い)があり、微熱が生じたら典型的な憩室炎が疑われる。加齢に伴う憩室そのものは誰にも避けられず、一度できてしまうと、それがなくなることもない。

 なかでも便秘気味の人の場合、古い便が滞って細菌の温床となることから、憩室の細菌感染が起こりやすい。また、排便のための日常のいきみ(=腹圧)が憩室を形成しやすいという悪循環にもつながる。

 玉置さんが見舞われた大腸憩室炎は、およそ25%の確率で再発する。「以前より患っていた」という記述がそれを物語る。

 憩室炎の人が増えるのは40歳以降で、50歳未満で手術を受けなければならない例は、男女比で男性側が約3倍多い(70歳を超えるとこの比率が逆転する)。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子