玉置浩二さんが「大腸憩室炎」で緊急入院~男性は40歳以降で注意したい“お腹の病気”

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tamakikoji-2.jpg

玉置浩二さんが緊急入院(所属レーベルの公式HPより)

 ミュージシャンの玉置浩二さん(57)が緊急入院した。ツアーが生き甲斐という玉置さんだが、持病にはお手上げのようで、5月中の5公演が中止に追い込まれた。

 公演中止の告知およびお詫び文が発表された公式サイト上では、玉置さんの病状がこのように記されていた。

 「四月下旬頃より突然の高熱と腹痛にみまわれ、感冒を疑い受診したところ、精査の結果、以前より患っていた大腸憩室に細菌性の炎症(憩室炎)を起こしていることが判明し、現在入院、抗生剤の点滴等により加療し、快方に向かいつつあります。」

憩室炎とは? 便秘気味の人は要注意

 大腸の壁から飛び出した複数の風船状の袋(=憩室)に炎症や感染症が起きた状態を「憩室炎」といい、通常は結腸に生じる。憩室は外に飛び出ているぶん、便の流れを悪くし、細菌の繁殖によって炎症を起こすとさまざまな症状が現われる。

 症状としては腹痛と圧痛(=左側の下腹部が多い)があり、微熱が生じたら典型的な憩室炎が疑われる。加齢に伴う憩室そのものは誰にも避けられず、一度できてしまうと、それがなくなることもない。

 なかでも便秘気味の人の場合、古い便が滞って細菌の温床となることから、憩室の細菌感染が起こりやすい。また、排便のための日常のいきみ(=腹圧)が憩室を形成しやすいという悪循環にもつながる。

 玉置さんが見舞われた大腸憩室炎は、およそ25%の確率で再発する。「以前より患っていた」という記述がそれを物語る。

 憩室炎の人が増えるのは40歳以降で、50歳未満で手術を受けなければならない例は、男女比で男性側が約3倍多い(70歳を超えるとこの比率が逆転する)。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇