海老蔵さんの妻・小林麻央さんの病状会見で考える~がん患者の家族は“第二の患者”という配慮

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ebizo.jpg

妻・麻央さんの病状を報告した海老蔵さん(公式ブログより)

 

 「単刀直入に言って、乳がんです。1年8カ月ほど前に(人間ドッグの受診で)判りました」
 
 9日の会見で、公には伏せてきた妻・麻央さん(33)の病状をそう明かした市川海老蔵さん(38)。  

 医師からは「大変スピードの速いがん」と告げられた事実を語り、進行具合(ステージ)の記者質問には「全部聞いてはいるが、“深刻”という言葉でご理解いただければ」という言い回しで現状報告に代えた。  

 この間、麻央さんと相談の上で極秘を貫いてきた海老蔵さんが自ら説明会見を開いたのは、一部紙の特ダネ記事が直接の要因。  

 この日の情報解禁に「ある種、ホッとしている」と言いつつ、愛妻の病状に触れた日を「途方に暮れた。時が過ぎるのを忘れるような、そんな時をしばらく二人で過ごした想い出があります」と述懐した。

「深刻」の二文字は詮索NG

 会見に先立ち、「できる限り子どもたちの生活を日常化するためにお集まりいただいた」と本音を口にして着席した海老蔵さん。  

 終盤では無休の日々をふり返り、「今年は休みを取って、(真央さんの)体調次第では家族でどこかに出かけたい」と希望を語り、マスコミ陣に静観を要請した。  

 会見前は「進行性がん」という抽象的な表現と憶測の見立てが、早朝からTV番組内で飛び交った。  

 だが、海老蔵さんから「乳がん」「1年8カ月前」「比較的深刻」と説明され、今後は静かに見守るしかないマスコミ陣は、それでも憶測の談話や記事を飛ばし続けるだろう。  
 
 まだ幼い長女・麗禾ちゃん(4)と弟・勸玄くん(3)には当初、麻央さんの不在を「(ママは)虫に刺されてちょっと元気がないから、元気になるよう病院に行ってる」と説明していたという。この会見で事実を知った子どもたちの、今後のケアも肝要だ。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔