スマホケースで化学火傷? 液体の入った通称「キラキラケース」が危険!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホケースで化学火傷? 液体の入った通称「キラキラケース」が危険!の画像1

青く染まった菊池さんの手のひら(菊地さんのツイッターより)

 肌身離さず身に付けるものとして、近年、不動の上位にランクインしているスマートフォン。依存症、中毒者が生まれていることが社会問題になっているのはご存じのとおり。

 関連グッズも嗜好を凝らしたさまざまなものが登場。なかでも、愛用機のカスタマイズにもっともインパクトがあるのがスマホケースだろう。デコラティブなデザインが若い女性に受けている、液体とラメなどが入ったタイプのケースで致命傷を追いかねないという事例が相次いでいる。

 “肌身離さない”ことが、その被害を大きくさせているようだ。『アイドリング!!!』出身で今やバラエティタレントの中堅に鎮座する菊地亜美さん(25)。彼女が5月3日、自らのツイッターで次のように書き込み話題を呼んだ。

 「この液体ケース一時期火傷するとかで問題になってたけど、まぁ大丈夫っしょてな感じで使ってたんだけど、朝起きたら漏れてた。。危ない。。」

手のひらが青い液体に侵されて……

 同時投稿された2枚の画像は、左画像が問題の青い液体ケース(=Hawaiiのロゴ文字とイルカのイラスト入り)が装着されたiPhone本体。右画像は、洗面所と思しき場所で撮られた、菊地さんの手のひらのアップ。

 破損被害に気づいた、起床直後の撮り下ろしなのだろう。指が青い液体にまみれ、手のひら全体が赤みを帯びている様子が生々しい。

 結果、大事には至らなかったようだが、反響のリツイートが殺到。「火傷しなかった?」「手、真っ赤じゃん、大丈夫?」などの心配するコメントが届けられた。

 液漏れを起こした問題のiPhoneケースは、背面部分に青色などの液体やラメが注入されているタイプ。別名「キラキラケース」とも呼ばれているものだ。

 その外見から女性向け商品が多く、比較的安価なことから、ネット通販での評判も上々だった。ところが、菊地さんも綴っているとおり、昨夏頃から液漏れトラブルが世界中のネット上で散見されるようになった。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘