故マイケル・ジャクソン邸から大量の児童ポルノ写真~新たに公表された「小児性愛」疑惑の真相

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
44216060-2.jpg

マイケル・ジャクソンはペドフィリア(小児性愛)か!?Vicki L. Miller / Shutterstock.com

 アメリカの芸能情報サイト『レーダー・オンライン(Rader Online)』が6月20日、故マイケル・ジャクソンに関する重大な文書を公表した。

 『レーダー・オンライン』が発表したのは、生前の2003年に捜査当局が家宅捜査した際の報告書だ。これは当時のマイケル・ジャクソンに対する児童性的虐待容疑に関する捜査で、報告書は裁判に提出された。

 そこには、大量の児童ポルノ写真が押収されたこと、若者のヌードに子どもの顔を合体させた写真も含まれていること、動物や子どもの虐待画像もあったことなどが明記されている。捜査官の「ジャクソン氏の暗くて恐ろしい実態を表している」といった発言も記録されている。

 マイケル・ジャクソンが、子どもへの性的虐待の罪で起訴されたのは公然の事実であり、子どもたちに並々ならない関心があったことも広く知られている。そのために、夢の国「ネバーランド」(旧邸宅)があったのだから……。

幼い子どもを「かわいい」と思うのは大人の本能

 子どもを「かわいい」と思うのは、ごく一般的な感覚である。子どものかわいさは、大人に守ってもらい、世話をしてもらい、養ってもらうためのツールだ。

 そして、子どものかわいさ(キュートネス)が大人の養育行動を引き出すとする研究は少なくない。半世紀以上も前の1943年に、動物行動学者のコンラート・ローレンツが「ベビースキーマ」という表現で、幼子の「かわいさ」を科学的に提唱してから、さまざまな研究で実証されてきた。

 アメリカの科学誌『Trends in Cognitive Science(認知科学の最新動向)』の最新号でも、子どものキュートネスが、両親との関係性に影響するという報告が、掲載されたばかりである。

 つまり、幼い子どもを「かわいい」と思うのは大人の本能なのである。ではそこに、性的に「かわいい」と思う本能との、線引きはあるのだろうか?

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛