タレント・上原さくらさんが精神科入院を告白〜精神科では“強制入院”もアリなの?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ueharasakura-2.jpg

精神科に入院していたことを告白した上原さくらさん(写真は公式ブログより)

 2度の結婚と離婚、2013年の芸能界引退騒動以来、公の場から姿を消していたタレントの上原さくらさんが、4月26日発売の『女性自身』(光文社)でインタビューに応じている。

 その中で上原さんは、2013年からの3年間に半年以上、精神科に入院していたことを告白。「病室には鍵がかけられていて、中から開けられない」とコメントしている。おそらく「保護室」に隔離されていた期間があるのだろう。

 精神科病院はとかく「施錠されて閉じ込められる」「自由を奪われる」「管理される」というイメージが伴いがちだ。もしかしたら「暗い」「怖い」という印象すらあるかもしれない。実際、自由に出入りができない閉鎖病棟があるし、「保護室」という名の隔離室もある。

 しかし、近年の精神科病院は、ひと昔前とは事情が異なる。特に都市部のリニューアルした病院の類いは案外とモダンで、怖いイメージは払拭させられる。むしろ暖色や採光を多用し、心地よさを感じられるほどだ。

 「閉鎖」とか「隔離」という穏やかではない言葉が使われてはいるが、「幽閉」されているわけではない。閉鎖病棟の場合、たいていは病棟内にナースステーションがあり、看護士に声をかければ外出できる患者や、看護士や家族と一緒なら外出できる患者など、個々の事情に応じた対応がなされている。

 出入り用の扉は施錠されて味気ないものだが、中にはナースステーション内に扉が設置されていて、出入りのたびに看護士と言葉を交わす造りのところもある。保護室も、病状が良くないときのみの一時的な使い方が一般的だ。状態を見ながら、オープンスペースで過ごす時間を徐々に設けていく場合が多い。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真