さまぁ~ず・大竹一樹さんを襲った「筋膜炎」~40代を突然見舞う歩行困難の痛み

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ashi.jpg

突然見舞われる「筋膜炎」で歩行困難に(shutterstock.com)

 お笑い人気コンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さん(48)が、先月下旬に緊急入院した。気になる病名は、あまり聞きなれない「筋膜炎」――。

 テレビ東京系のレギュラー番組『モヤモヤさまぁ~ず2』(6月12日放送分)の冒頭で、三村マサカズさん(49)は“相方の不在理由”を次のように釈明して当日のロケを始めた。

 「大竹が筋膜炎で……オレも初めて聞いたんだけど、もぉ、脚が痛くて痛くて今、車椅子で生活してるらしい」

 この「筋膜炎」は、男性ならば40歳以上、女性の場合は50歳以上で、ある日突然見舞われる疾患だといわれている。

 番組中盤、電話による出演となった大竹さんは、謝罪しながら「足がね、一切動かなくなっちゃいまして。歩けなくなっちゃいまして。ものすごい怖いよ。夜中に死ぬと思った」と、その痛みを明かした。

 この欠席ロケは、急遽、代打出演で駆けつけたはいだしょうこさんが加わって無事に終了。心配された大竹さんの容態は、次週予告で元気に回復した姿が紹介されるというオチで終えた。

注目される「筋膜」の足裏事情

 臓器や骨や筋を支え、全身を結合させている組織である「筋膜」は近年、注目されているキーワード。「筋膜」にアプローチする治療法は認知されつつあり、テレビ番組をはじめ各メディアでも特集されるほどだ。

 では、大竹さんが襲われた「筋膜炎」とはいったいどんな症状なのだろうか?

 理学療法士の三木貴弘氏は、大竹さんの筋膜炎を「足底筋膜炎」ではないかと仮定し、その特徴や治療法をこう説明した。

 「足底腱膜炎は、足の裏にある筋膜が炎症を起こすことで痛みが生じます。足底筋膜は上から見ると扇の形に似ており、かかとの骨の付け根から足の各指におよびます。主な役割は、歩くときなどの衝撃を吸収したり、足の“アーチ”を保つ助けをしたりというもの」

 筋膜は、「強度」を担うコラーゲンと、「伸縮」を担うエラスチンが網目状に交差している。そのため、水のような空間部分(ゾル状の細胞基質)を有する。

 そこが炎症によってゼラチン状(ゲル状の細胞基質)に変質すると、それぞれの機能低下が生じるといわれている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆