VAR判定がサッカーの主役に? ワールドカップ・ロシア大会で課題が山積

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
VAR判定がサッカーの主役に? ワールドカップ・ロシアの画像1

VTR導入でファウル判定が増加(depositphotos.com)

 かりにワールドカップ(W杯)を映画に喩えるならば、今ロシア大会の助演男優賞は間違いなく、略称VARこと「ビデオ・アシスタント・レフェリー」がその栄冠に輝くだろう。

 話題のVARは、得点シーンやレッドカード(一発退場処分)などの誤審削減を狙ったビデオ判定システム。

 W杯での導入は今回からだが、その効果は絶大で、グループB最終戦のポルトガル対イラン(現地時間6月25日)における2回のビデオ判定で早くも大会通算PK数「20」をカウントし、歴代最多を更新してしまった。

また、同試合を含め、90分間で2本以上のPKが与えられた例が今大会だけでも計4度あるのもVAR効果の証左だろう。導入反対派の代表的意見としては「試合の流れを損ねる」との見方がある。

 だが、主審協会の見解によれば、「審判団は従来もビデオ判定なしで95%のファウルを判定してきたが、今大会のVTR導入でその数字が99.3%に伸びた」という。

 VTRは、主審の判定が「誤り」と判断された場合、映像副審が誤審を申告できる制度。主審自身も自ら映像を見直して再判定ができる(=手で画面の四角を表わすポーズがそれの意味)。

W杯の名脇役、VARも課題あり

 が、チュニジアとの初戦(同6月18日)においてイングランドのFWハリー・ケインが2度も激しく地面に倒されながら、お咎めなしだった点を「VTRスタジオ内のブラジル人審判が関与しないのに失望を覚えた」と、著名な国際審判OBが苦言を呈した。

 彼の主張は、「審判とVTR要員の両方とが話すべき」という課題への改善案だ。

 あるいは誤審激減の一方、ビデオ映像上でも審判への悪罵発言が確認できるポルトガル代表FWのC.ロナウドの猛抗議シーンでも、主審の判定はイエローカードのみ。これを確認した国際主審OBからは「FIFA(国際サッカー連盟)は自らの権威を示す大きな機会を逃した…」と不満を表明した。

 世界のスーパースター(の圧倒的存在感)に対する判定時はさすがのVARも出る幕なしというわけか――それは言い過ぎにしても、話題のVAR判定に関して、たいへん気になる論文を掲載しているのが、『Cognitive Research: Principles and Implicantions』(6月11日オンライ版)だ。

 なんでもルーヴェン・カトリック大学(=奇しくも日本代表が惜敗したベルギー国内の大学)のJochim Spitz氏らの研究報告によれば、ビデオ判定映像の「再生速度」に応じて、審判の「ファウル判定」が変わる可能性が示唆されたというではないか。

 Spitz氏らの研究に際しては、5カ国のベテラン審判88人の被験協力を仰いだ。その全員に、国際試合においてファウルと判定された60例の場面映像を鑑賞してもらい、各自の再判定結果を問うた。

再判定の素材については、全員に①通常速度による再生映像/②スロー再生の映像との両方を観てもらい、再生速度が判定に及ぼす影響の違いを検証した。

結果、選手の行為を②のスロー再生映像で判定した場合、審判陣は総じて「より厳しいペナルティーを科す傾向にある」共通点が読み取れた。もっとも、ファウルかどうかの判定精度自体においては、①の通常速度時で61%、②で63%程度の僅差と有意な差は認められなかった。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆