シリーズ「本能で楽しむ医療ドラマ主義宣言!」 第22回

『ブラックペアン』最終回、すべての謎が解け二宮和也の涙は集大成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_140295732_s-2015.jpg

ニノの涙が意味するものは?(depositphotos.com)

 医師はどうあるべきか、医療とは何か、を考えさせられる最終回でした。ブラックペアンの意味、それは佐伯教授(内野聖陽)の戒めであり覚悟でした。

 そして渡海一郎に、医師として生かされた佐伯教授は決して驕ることなく、そして感謝を忘れていませんでした。渡海(二宮和也)の涙はドラマの集大成でしたね。医療過誤の重さ、そしてそれを背負って生きる医師やコメディカルの苦しみもしっかりと描かれていました。

 最終回ですべてが明解になりましたが、今までの前9回は、第10回で重みを表現するためだけに必要だったのでは?なんて思ってしまうほどの回でしたね。この3カ月で、東城大学と帝華大学の医師やカトパン・コメディカルの成長や人間性を表現することで、最終回で医師とは?医療とは?という疑問に、深い感慨を覚えさせることができたのでしょうか。

患者の体内のペアンは置忘れではなかった

 命を盾に飯沼達次の謎を追い詰める渡海。ついに飯島達次が何の疑いもなくオペレーターは佐伯教授だと認め、レントゲンでは胸部写真でペアンが映り込んできました!よっしゃ~なんて思ってしまいましたが、佐伯教授のすばらしさに、よっしゃなんて思った自分を恥じてしまいました(笑)。

 今回は切羽詰まったオペシーンが沢山ありました。

 飯沼達次のオペシーンでも佐伯教授のオペシーンでも、やはりニノは右手で電メスや針糸をもっていましたね。あれれれれ~?まあ、今回は敏腕を示すためのオペシーンではないのでよしとしましょう。

 一度手術をした場所の組織は、部位はどこであっても癒着が起こりますので、リオペ(再手術)の癒着剥離はとても大変です。今回も電メスでかなり時間がかかったなと高階先生(小泉孝太郎)が言っていましたね。

 癒着した組織はべたべたと周りとくっつき、血管も豊富で組織の識別もしづらくなりますので、主要な神経・血管のある所などは時間をかけ、色を見ながら、触りながらゆっくりと剥離していきます。取り出したペアンにも組織が沢山くっついていましたね。

 今回は、電メスからももくもくと煙が出ていたところがリアルでしたね。私の頭の中ではにおいが漂っていました。電メスには組織を切るボタンと組織を凝固するボタンがあります。それを使い分け、止血と切除を繰り返しながら癒着剥離を行っていくのです。

 胸部のペアンを外したらやばいのでは?と思っていたらやはり大出血。私の周囲ではいろいろな憶測が飛び交っておりましたが、置忘れではなく、置いてこないといけない理由があった、が正解でしたね!

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫