なぜ30代女性はDV男と別れられない? その理由と「デートDV」の実態!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ、30代女性はDV男と別れられない? その理由と「デートDV」の実態!の画像1

DVの加害男性は約20%、被害女性は約40%も

 「デートDV」という言葉は、だいぶ周知されてきた。しかし、その実態は、どれだけ人に理解されているのだろうか? 

 これまで見過ごされがちだった、密室での暴力がもっとクローズアップされるには、「デートDV」の深刻な実態を広く知ってもらう必要がある。そこで6月21日、製薬会社ファイザーの主宰で「デートDV」をテーマとしたセミナーが開催された。

女性だけでない!男性27.4%もデートDVの被害者!

 

 登壇したのは、犯罪加害者家族の支援を行う、特定非営利活動法人「World Open Heart」の阿部恭子理事長と神奈川県内を中心に人権啓発活動を行なっている認定特定非営利活動法人「エンパワメントかながわ」の阿部真紀理事長。

 阿部理事長は、「中堅世代デートDVの実態と生きづらさ克服のための適切な支援方法」と題して講演した。

 その講演内容を踏まえて説明すれば、そもそも「デートDV」は、2003年に民間団体「アウェア」代表の山口のり子氏が提唱した言葉で、恋人間の暴力のことを指す。

 この「暴力」には、セクハラ、虐待、ドメスティック・バイオレンス(DV)、ストーカー、リベンジポルノなども含まれる。

 エンパワメントかながわの実態調査によれば、交際経験のある人のうち、デートDVの被害を受けたことがある人は38.9%。加害を経験したことのある人は20.8%。全カップルの3組に1組で起きている。

 デートDVの被害者は女性だけではない。最近増えてきたのが男性被害者の相談だ。先の調査でも、女性で被害経験がある人は44.5%だが、男性も27.4%が被害を受けている。

 阿部氏によれば、男性被害者の特徴は、被害を受けながらもそれを認められず「男なのに情けない」「もっと強くなければ」と話すことが多い。「男らしくあらねばならない」というジェンダー意識が被害を深刻化していると、阿部氏は言う。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆