「社会・事件」の記事一覧

医療者が踊る、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」~「幸運をすべての人間に!」

21府県のがん患者約64万人を追跡調査した「5年後の生存率」が先日、国立がん研究センターなどの研究班から発表された。これは診断から5年後に生きているがん患者の割合が、日本人全体の5年後に比してどれくらいかを示すものだ。 今回は2006~2008年にがんと診断された患者が…続きを読む

医療者が踊る、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」~「幸運をすべての人間に!」

「水シャン」で酷暑を乗り切れ! パフォーマンス向上の新対策が建設業界で登場

厚生労働省の発表によると、熱中症による業種別死傷数が過去5年間で最も多いのが建設業――。 同省の通達「職場における熱中症の予防について」では、WBGT値(暑さ指数)を活用して熱中症のリスク評価を行ない、その上で作業環境管理・作業管理・健康管理などを行なうことを指導してい…続きを読む

「水シャン」で酷暑を乗り切れ! パフォーマンス向上の新対策が建設業界で登場

愛するペットに“遺産”を譲りたい! あなたの愛犬や愛猫を路頭に迷わせない方法

一般社団法人ペットフード協会の調査によると、2015年10月現在、全国の犬の飼育数は約991万7000頭、猫の飼育数は約987万4000頭と推計される。飼い主の年代は犬・猫ともに50~60代が多く、犬の平均寿命は14.85歳、猫は15.75歳だ。 この数字を見るに、高齢…続きを読む

愛するペットに“遺産”を譲りたい! あなたの愛犬や愛猫を路頭に迷わせない方法
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛