食器洗い、入浴に過剰な日本人? ハリウッド女優や有名モデル「毎日髪を洗わない」を公言

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食器洗い、入浴に過剰な日本人? ハリウッド女優や有名モデル「毎日髪を洗わない」を公言の画像1

食器を洗った後に洗剤をすすがない国は少なくない(depositphotos.com)

 アメリカでホームステイをしたときのこと。イタリア系アメリカ人のホストファミリーが、食器を洗っている様子を見てギョッとした。

 洗剤を入れた水に食器を入れた後、スポンジで軽く表面の汚れを取ったら、そのまま水切りかごに食器を移動させていたのである。洗剤は洗い流さないのか? 食器に残った洗剤の成分で、おなかの調子が悪くならないのか?

 ちなみに、私に出された料理は紙皿に盛られていた。そのため、洗剤の成分が残った食器によって体調を崩すかどうか、自分の体で確かめてはいない。このような経験をしているのは私だけではない。「欧米では食器は洗剤で洗って、すすがず、乾かして終わりですよ」などと話す人は珍しくないのだ。

 もう1点、私が毎日シャワーを浴びるのが、ホストファミリーには不思議だったようだ。滞在したカリフォルニア州は日本よりも降雨量が少なく、水が貴重であることも生活習慣の違いを生んでいた。

 日本に住んでいれば当然の行動が、外国では異常な習慣と判断される場合も少なくないようだ。そこから見えてくるのは、「健康のため」「衛生のため」と信じて日本人が行っていることが、「実際にはまったく健康と衛生に役立ってはいない」という可能性である。

食器に残った洗剤の成分は……

 インターネットで検索したところ、洗剤で食器を洗った後で洗剤をすすがないと報告されているのは、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドである。「昔からこのやり方で病気になっていないから、ノープロブレム!」と考えられているらしい。

 上記の国々では、水は貴重な資源だ。だから、食器洗いにもできるだけ水を使わないように心がけているのだろう。ヨーロッパの食器洗浄機の普及率が非常に高いのも、節水志向のためだそうだ。

 ただ、本当に食器に残った洗剤の成分はノープロブレムなのか? 日本石鹸洗剤工業会(JSDA)のサイトには「石けん,洗剤,洗浄剤,仕上げ剤等誤飲誤用の応急処置」が紹介されている。

 詳しくはリンク先のページを見てほしいのだが、先に結論を言うと、水で薄めた洗剤の成分が皿に残っている程度だったらほとんど問題はないようだ。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太