「社会・事件」の記事一覧

「はしか(麻疹)」が大流行! 最も感染の危険が高いのは20~30代!?

「はしか(麻疹)」の感染が、急速に拡大している。 8月の大規模コンサートやイベントに、はしか感染者が来場していたことが判明して騒ぎとなったのは記憶に新しい。国立感染症研究所によると、今年の感染者は41人(8月28日現在)。すでに昨年1年間の35人を上回った。 都道府…続きを読む

「はしか(麻疹)」が大流行!  最も感染の危険が高いのは20~30代!?

9.11テロから15年、3000人以上の犠牲者のDNAによる身元確認は進んでいるのか?

2001年9月11日――。いつもと変わらないニューヨークの朝。ビジネスマンや市民がストリートを足早に歩いていた。午前8時46分、アメリカン航空11便は世界貿易センター北棟(110階建て)に時速750kmで突入し、爆発炎上。その直後、ユナイテッド航空175便も南棟(109階建…続きを読む

9.11テロから15年、3000人以上の犠牲者のDNAによる身元確認は進んでいるのか?

灼熱のアスファルト、愛犬の肉球火傷が危ない! ドッグブーツは是か非か?

NASA観測史上、全世界的に最も暑い夏になるといわれた今年、残暑も厳しいとか。ここに「72%の犬が肉球に火傷をする恐れがある」と指摘する調査がある。夏のアスファルトの温度は60℃を超え、愛犬の肉球ケアが必要だと警告しているのだ。 すでに普及傾向にある犬用の洋服に関しては…続きを読む

灼熱のアスファルト、愛犬の肉球火傷が危ない! ドッグブーツは是か非か?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔