「社会・事件」の記事一覧

戦後最悪の殺人事件で法改正? 精神保健福祉法改正案に日本精神神経学会が懸念を表明

2016年7月26日に「津久井やまゆり園」で発生した相模原障害者施設殺傷事件は、19人が死亡した戦後最悪の殺人事件として、日本中に衝撃をもたらした。それと同時に、精神科の「措置入院」のあり方についても、論議を巻き起こすことになった。 というのも、同事件の植松聖被告は、障…続きを読む

戦後最悪の殺人事件で法改正? 精神保健福祉法改正案に日本精神神経学会が懸念を表明

この春、犬4匹が<入社>~人々を元気にするセラピー犬、ファシリティドッグの活躍

新たな出会いの多い春、新入学、新入社の季節でもある。4月1日、介護老人保健施設「おとなの学校岡山校」に、4匹の犬がドッグセラピーチーム「ワンコネクト」の一員として<入社>した。 社会医療法人清風会が運営する「おとなの学校岡山校」は、全国でも珍しい学校スタイル。 国語・社…続きを読む

この春、犬4匹が<入社>~人々を元気にするセラピー犬、ファシリティドッグの活躍

騒々しい街があなたの耳を危険に晒す~「世界のうるさい都市ランキング」で判明

この記事をご覧の方は、その場で耳を澄ましてみて欲しい。あなたは今、静かに落ち着ける場所にいるだろうか。それとも、クルマの騒音やスピーカーから流れ出るアナウンスがひっきりなしに聞こえる場所だろうか――。 超高齢化社会で人口が減少に転じた日本は近い将来、インフラを維持できる…続きを読む

騒々しい街があなたの耳を危険に晒す~「世界のうるさい都市ランキング」で判明
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆