「社会・事件」の記事一覧

「歩きスマホ」は人生を棒に振る!? 首都圏では電車の遅延の2割超が「スマホ落下」が原因

先日、小田急江ノ島線・鵠沼海岸駅のホームで、高校3年の女生徒が入ってきた電車と接触し、頭を打つ軽傷を負った。女生徒の「歩きスマホ」が直接の原因だが、一部区間の上下線で約40分間に渡って運転を一時見合わせる事態となった。 命は情報よりも軽いのか!? このての遅延情報を歩き…続きを読む

「歩きスマホ」は人生を棒に振る!? 首都圏では電車の遅延の2割超が「スマホ落下」が原因

海老蔵さんの妻・小林麻央さんの病状会見で考える~がん患者の家族は“第二の患者”という配慮

「単刀直入に言って、乳がんです。1年8カ月ほど前に(人間ドッグの受診で)判りました」 9日の会見で、公には伏せてきた妻・麻央さん(33)の病状をそう明かした市川海老蔵さん(38)。 医師からは「大変スピードの速いがん」と告げられた事実を語り、進行具合(ステ…続きを読む

海老蔵さんの妻・小林麻央さんの病状会見で考える~がん患者の家族は“第二の患者”という配慮

観光客殺到の「猫の島」で野良猫200匹に不妊手術! 香川県・男木島で何が起きているのか?

讃岐うどんのメッカ香川県。その玄関口、高松港の北々東の沖合約7.5kmに男木島(おぎじま)がある。名物はタコと猫。島民180人足らずの過疎の小島に、人口を上回る200匹もの野良猫が仲睦まじく暮らしているのだが……。 「男木島に棲むすべての野良猫に不妊手術!」という寝耳に…続きを読む

観光客殺到の「猫の島」で野良猫200匹に不妊手術! 香川県・男木島で何が起きているのか?
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛