「社会・事件」の記事一覧

サマータイム導入で甚大な健康リスク!肥満、心筋梗塞、うつ病、生活習慣病、過労死……

殺人的な猛暑だ。この過酷な炎暑のさなか、断行される2020年東京オリンピック・パラリンピック。 その酷暑対策として、時計の針を2時間進めるサマータイムの導入を政府・与党が急いでいる。なぜだろう?日本でもサマータイムは実施された サマータイムは、日本では1948年…続きを読む

サマータイム導入で甚大な健康リスク!肥満、心筋梗塞、うつ病、生活習慣病、過労死……

休み明けが辛い理由は……日頃の仕事のストレスで休暇の効果がすぐに消える?

6月29日に参院本会議で可決・成立した「働き方改革関連法」。同法の「高度プロフェッショナル制度」に野党が強固に反対し続けたのは、労働基準法等改正によって「長時間労働」が是正されるどころか、「過労死や過労自殺を助長する」可能性が高いからだ。 日本には「勤労」を美徳とする風…続きを読む

休み明けが辛い理由は……日頃の仕事のストレスで休暇の効果がすぐに消える?

死に至る「熱中症」の恐怖! 酷暑を乗り切るための熱中症対策はコレ!

まずは、このデータから。7月3日、総務省消防庁は6月25日から7月1日までの1週間に搬送された熱中症患者が全国で3473人、死者3人になったと発表。搬送患者は前週(6月18~24日)の667人から約5倍に急増、昨年同時期の約2.8倍に上っている。関東甲信地方が統計史上最も早…続きを読む

死に至る「熱中症」の恐怖! 酷暑を乗り切るための熱中症対策はコレ!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆