「社会・事件」の記事一覧

野村不動産で過労自殺! 厚労省の黒塗り文書が隠す「裁量労働制=人件費削減プラン」?

いま国は、森友学園との国有地取引に関する公文書の改ざんの問題で揺れている。3月27日には前国税庁長官の佐川宣寿氏の証人喚問が行なわれ、「答弁を控えたい」の連発による証言拒否が問題に……。 だが、こちらの「資料の黒塗り問題」も、それと同じくらい深刻な事案だ。国が導入を推進…続きを読む

野村不動産で過労自殺! 厚労省の黒塗り文書が隠す「裁量労働制=人件費削減プラン」?

親しき仲にもスマホ断ち? スマホを手元に置くだけで食事や会話を楽しめなくなる

普段は離れ離れの家族が久しぶりに団欒を囲む時、あるいは、旧交を温める目的で集った女子会の宴席で、あなたは下記のどのタイプだろう? ①どんな状況下でもスマートフォン(スマホ)は肌身離さず手元に置く派 ②最低限の礼儀としてスマホは鞄やポケットにしまう派 ③その場を満…続きを読む

親しき仲にもスマホ断ち? スマホを手元に置くだけで食事や会話を楽しめなくなる

芳香剤・柔軟剤・制汗剤などの「香害」! 北米で広がる「香料」の使用規制

つい最近、米国人と結婚し米国へ移住した友人の娘さんと10数年ぶりに会いました。その娘さん曰く――。 「久しぶりに日本に帰ってびっくりしたのは、どこに行っても芳香剤のニオイが強烈にするんです。米国以上ですよ。私が今、住んでいるのはデトロイト市ですが、8年前に市役所の職員に…続きを読む

芳香剤・柔軟剤・制汗剤などの「香害」! 北米で広がる「香料」の使用規制
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太