「社会・事件」の記事一覧

火葬後の「残骨灰」は宝の山!処理業者が狙う金・銀・プラチナなどの有価金属は誰のもの?

生老病死は世の常。死ねば荼毘に付され野辺の送りが待つ。火葬し収骨した後の粉砕された白骨の寒々しさ――。だが、寒々しいのは語感だけではない。利欲のためなら「骨の髄までしゃぶる」……。そんな浅ましさの限りを尽くす、愚かな人間の業欲を見せつけられたニュースがある。 火葬後、遺…続きを読む

火葬後の「残骨灰」は宝の山!処理業者が狙う金・銀・プラチナなどの有価金属は誰のもの?

安室奈美恵さんのタトゥーが消えた! 「タトゥーを入れた人」の9割が後悔

来秋限りでの引退を突然宣言し、その存在感と同時代への影響力が再評価されている歌姫・安室奈美恵さん。全盛期の彼女の腕には、親族に殺害された亡母への思慕と愛息の名前が彫られ、タトゥーは一時、安室さんの代名詞でさえあった。 しかし「そのトレードマークが消えた…!?」 とファン…続きを読む

安室奈美恵さんのタトゥーが消えた! 「タトゥーを入れた人」の9割が後悔

自殺を防ぐ「いのちの電話」~肝心の相談員が集まらない全国共通の問題点とは?

9月10日から16日までは「自殺予防週間」にあたる。これは2007年に閣議決定された「自殺総合対策大綱」によって定められ、9月10日の「世界自殺予防デー」にちなんで、毎年、同日からの一週間を、国民に自殺や精神疾患についての正しい知識を普及啓発する期間としている。 この期…続きを読む

自殺を防ぐ「いのちの電話」~肝心の相談員が集まらない全国共通の問題点とは?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆