「社会・事件」の記事一覧

国立がん研究センターがマジギレ! 「受動喫煙の害を軽く考える」JTの<ポジショントーク>のワケ

いまネット上では、JTに対する国立がん研究センターの<マジギレ>反論が話題を呼んでいる。 「国立研究開発法人国立がん研究センター」は8月30日、科学的根拠に基づき、受動喫煙による日本人の肺がんリスクは「ほぼ確実」から「確実」と評価。受動喫煙の防止を「努力目標」から「明確…続きを読む

国立がん研究センターがマジギレ! 「受動喫煙の害を軽く考える」JTの<ポジショントーク>のワケ

ヒトの「大脳」はなぜ巨大化したのか? 脳が大きければ知性も高い?

「大脳が大きくなったために、ヒトの知能や知性が進化した!」これが今までの進化の定説だった。しかし、この定説を揺るがす研究発表が出てきた。 人類学の定説によると、ホモ・サピエンスの大脳が大きく発達した要因は、原人類が樹上から地上に降り立ち、両手が自由に使えるようになったため…続きを読む

ヒトの「大脳」はなぜ巨大化したのか? 脳が大きければ知性も高い?

年間550万人が「大気汚染」で死亡! 大気汚染には「布マスク」より「サージカルマスク」

9月4〜5日、主要20カ国・地域首脳会議(G20)が開催された中国・杭州市の頭上には「G20晴れ」が広がっていた。 期間中の「にわか青空状態」を演出するために、中国当局は5つの省の数百工場に対して操業停止を命じ、制限地域は杭州市から400キロにも及んだという。 東京…続きを読む

年間550万人が「大気汚染」で死亡! 大気汚染には「布マスク」より「サージカルマスク」
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛