「社会・事件」の記事一覧

たばこ自販機が消える日~東京五輪・パラリンピックが受動喫煙対策なしで開けない理由

さて、1府11省2庁ある「中央省庁」のうち、JT(日本たばこ産業)株の3割を保有しているのはどこか? そう、財務省である。斯界の健全な発展を目的とする「たばこ事業法」は、葉タバコの生産からたばこの流通・販売、小売店や自動販売機の設置も定めており、その財務省が所管官庁にな…続きを読む

たばこ自販機が消える日~東京五輪・パラリンピックが受動喫煙対策なしで開けない理由

受動喫煙対策で「客が減る」は本当か? <禁煙≠収入減>を示す調査報告が続々と

次にあげる1位~5位までの業種を一瞥して、いったい「なんのワースト順位か?」おわかりだろうか。ちなみに( )内は各業種の回答率だ。 1位:外食(42.3)、2位:旅行運送(26.5)、3位:自動車販売(20.6)、4位:食品販売、5位:不動産(19.7) じつはこれ…続きを読む

受動喫煙対策で「客が減る」は本当か? <禁煙≠収入減>を示す調査報告が続々と 

女性マネキンの体型は拒食症!? フランスでは「痩せすぎモデル」を規制へ

ブティックや百貨店の店頭で、流行のファッションを颯爽と身にまとうマネキンたち。しかし気に入って同じ服を試着してみると「なんかイメージと違う…」という経験はよくあることだろう。 女性用マネキンの多くがかなりスレンダーであることが違和感の理由なのだが、多くの女性はその体型が…続きを読む

女性マネキンの体型は拒食症!? フランスでは「痩せすぎモデル」を規制へ
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆