「社会・事件」の記事一覧

増加する「不登校」は約12万人~根が深い「起きられない」という病気

学校へ行かない不登校の子どもたちが全国で増え続けている——。 文部科学省のデータ(2014年)によれば、小中学生1012万736人のうち不登校は12万2902人(継続5万7095人、新規6万5807人)。小中学生に占める不登校の割合は1.2%。1日当たり180人が不登校…続きを読む

増加する「不登校」は約12万人~根が深い「起きられない」という病気

「全国民に毎月11万円を支給」~生活保護の恥辱を解決する「ベーシック・インカム」

「フィンランドが世界で初めてベーシック・インカムを導入。全国民に毎月11万円を支給へ」 以前、そんな報道が日本でも報じられたことを記憶している人はいるだろうか。ベーシック・インカムとは、その国の市民権を持つ人全員に、無条件で一定の現金を定期的に支給するという構想のこと。…続きを読む

「全国民に毎月11万円を支給」~生活保護の恥辱を解決する「ベーシック・インカム」

韓国の「加湿器殺菌剤製品」で死者100人! ヒット商品が「殺人器」に

韓国では、加湿器が「一家に一台」の生活必需品だ。その切っても切れない関係は、韓流ドラマの生活場面からもうかがえる。 とりわけ、病院内での設置の多さが目を引くが、これは降水量が少なく空気が乾燥しやすい同国の事情による。 その隣国で、加湿器の水に混ぜて使う殺菌剤が原因で…続きを読む

韓国の「加湿器殺菌剤製品」で死者100人! ヒット商品が「殺人器」に 
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛