自殺を防ぐ「いのちの電話」~肝心の相談員が集まらない全国共通の問題点とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自殺を防ぐ「いのちの電話」~肝心の相談員が集まらない全国共通の問題点とは?の画像1

「群馬県いのちの電話」では30人の定員に対して応募者は6人(depositphotos.com)

 9月10日から16日までは「自殺予防週間」にあたる。これは2007年に閣議決定された「自殺総合対策大綱」によって定められ、9月10日の「世界自殺予防デー」にちなんで、毎年、同日からの一週間を、国民に自殺や精神疾患についての正しい知識を普及啓発する期間としている。

 この期間はさまざまな媒体を活用し、命の大切さや自殺の危険を示すサインに気づいたときの対応方法を国民に知らせていくというのだが、そもそもこの期間が「自殺予防週間」であるということを知っている人自体は、かなりの少数派だというのが実際の現状ではないだろうか。

 折しもその自殺予防週間の2日目である9月11日に、自殺予防に関係するあるニュースがNHKで報じられた――。自殺を考えているほど悩んでいる人が、心の内を打ち明け、相談できる窓口として知られている「いのちの電話」の相談員が集まらないというのである。

相談は年間2万件、肝心の相談員が集まらない

 今回、報じられたのは「群馬県いのちの電話」。高齢などを理由に相談員を辞める人がいるため、新たに相談員を募集したのだが、30人の定員に対して6人しか集まらず、募集期間を延長しているのだという。

 「群馬いのちの電話」では、年間2万件の相談が寄せられるが、人員の不足から関東圏では唯一24時間体制がとられていない。人手不足を補うための応募だったが、希望者が集まらない背景を探って行くと、全国の「いのちの電話」に共通の問題点が見えてくる。

 「いのちの電話」は、1953年にイギリスで始まり、日本では1971年に東京で始まった歴史のある活動だ。現在、日本全国に49の「日本いのちの電話連盟」加盟センターがあり、分室を含めると約60ヶ所、約6500名の相談員が活動している。2015年の相談件数は70万件以上にのぼる。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆