「社会・事件」の記事一覧

イヌにもインフルエンザ流行……愛犬のインフル感染が飼い主にも?

ご存じのように今シーズンは、インフルエンザの流行が止まらない。 厚生労働省によれば、2月4日までの1週間に全国の定点医療機関を受診した患者数は26万8811人となり、一医療機関当たり54.33人とこれまでの最多を更新。昨年(2017年)9月からの累積患者数は、すでに11…続きを読む

イヌにもインフルエンザ流行……愛犬のインフル感染が飼い主にも?

満月の夜は運転に注意を! 科学的に検証された月がヒトに及ぼす不思議な影響

1月31日、約150年ぶりに「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が観測された――。 皆既月食で月が赤銅色を帯びる「ブラッドムーン」、満月がひと月で2度起こる「ブルームーン」、さらに満月がひときわ大きく見える「スーパームーン」の3つが重なるという、とても珍しい現象だ。…続きを読む

満月の夜は運転に注意を! 科学的に検証された月がヒトに及ぼす不思議な影響

FacebookでAIが「ネット自殺」ほのめかしを検知!警察や自殺防止ホットラインなどに通報

米Facebookは11月27日、「ネット自殺」をほのめかすコメント投稿やライブビデオ投稿をAI(人工知能)を使って検出し、モデレーター(調停者)である専門対策チームに報告する活動を、プライバシー関連法が参入障壁になるEUを除く世界各国で始動したと発表した(「ITmedia…続きを読む

FacebookでAIが「ネット自殺」ほのめかしを検知!警察や自殺防止ホットラインなどに通報
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆