「社会・事件」の記事一覧

寝る子にスマホは触らすな! 就寝前のスマホ・ゲームで近視・肥満・睡眠障害に

昨年のクリスマスは、わが子に念願の携帯電子機器をプレゼント。その喜んだ笑顔が迎春後も忘れられない――。そんな親御さんも決して少なくないだろう。 が、そういう親御さんにこそ、12月22日に文部科学省が公表した『学校保健統計調査』の結果と、米国発の新知見を知っていただきたい…続きを読む

寝る子にスマホは触らすな!  就寝前のスマホ・ゲームで近視・肥満・睡眠障害に

「中年ニート・引きこもり」が123万人! <中年クライシス>世代のサバイバル術

「ニート」は「15歳から34歳までの家事・通学・就業をせず、職業訓練も受けていない者」と定義されているようだ。 しかし、ニートの高齢化は進んでいる。現在では15~39歳を対象に「地域若者サポートステーション(愛称「サポステ」)」で就職支援が行われている。 サポステは…続きを読む

「中年ニート・引きこもり」が123万人! <中年クライシス>世代のサバイバル術

「2年以内に辞める」米国・医師4人に1人~日本でも過労死寸前の勤務実態が発覚

5人に1人が「(1年以内に)勤務時間を短縮したい」と考え、50人に1人の割合で「(2年以内に)違う職種に転向する予定」との回答を寄せた――。 そう聞いてあなたは、どの国のどんな職種の人々の本音だと連想するだろうか? じつはこれ、米国医師会(AMA)などの研究班が行な…続きを読む

「2年以内に辞める」米国・医師4人に1人~日本でも過労死寸前の勤務実態が発覚
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太