安室奈美恵さんのタトゥーが消えた! 「タトゥーを入れた人」の9割が後悔

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安室奈美恵さんのタトゥーが消えた! 「タトゥーを入れた人」の9割が後悔の画像1

タトゥーを入れた人の9割が後悔(depositphotos.com)

 来秋限りでの引退を突然宣言し、その存在感と同時代への影響力が再評価されている歌姫・安室奈美恵さん。全盛期の彼女の腕には、親族に殺害された亡母への思慕と愛息の名前が彫られ、タトゥーは一時、安室さんの代名詞でさえあった。

 しかし「そのトレードマークが消えた…!?」 とファンの間で騒がれ出したのは4~5年前。2013年頃から徐々に薄れてきた様子が検証されだし、その後のDVD作品では、完全に消えている姿が確認されて話題を呼んでいた。

 その除去理由についても、いわゆるアムラー間では「過去と決別」し、「あくまでも歌で勝負したい」という「ポジティヴな姿勢」と讃美されたのは、彼女の変わらぬ存在感の証しでもあった。

 一方、一般社会では「タトゥーを入れた人」の9割(90.1%)が後悔しており、過去に「入れたいと思ったが(結局)入れなかった」という躊躇派の実に96.3%までが、「あのときに入れなくてよかった」と顧みているという興味ぶかい調査結果が公表された。

タトゥー(入れ墨)への「後悔」と「安堵」の明暗が……

 注目の『≪男女世代別≫入れ墨・タトゥーへの認識・イメージに関するアンケート調査』は、さる9月12〜13日の2日間、国内在住の男女350名(20~40代)を対象にインターネット上のQ&A形式で実施されたもの(医療法人社団心紲会・美容外科『東京イセアクリニック』調べ)。

 同調査ではその名のとおり、今日のインバウンド(在日外国人)の増加傾向や外国人観光客が押し寄せる3年後の東京五輪なども視野に入れ、入れ墨・タトゥーへの印象に関する質問項目も設定している。一例を紹介する(数値は男女合計)と……。

 「海外の方は、日本人に比べて『タトゥー(入れ墨)を入れている方』が多いと感じますか(単一回答)」の問いに対しては、①多いと思う派が8割(80.3%)を占め、②あまり変わらないと思う派が11.7%、③少ないと思う派は2.9%で、今の時代相を感じさせる。

 しかし、今回の調査結果中、最大の関心事はやはり自らの身体にタトゥーを彫りこんだ、あるいは一時は彫ることを志向・思案したことがある人々への本音回答の部分だろう。

 ヒット本のタイトルを捩るならば、『タトゥーを彫った/彫らなかった人の末路』中間報告篇とでもなるだろうか……。

 まず、対象の350名中「タトゥーを入れたいと一度も思ったことがない」人の数は全体の8割超(81.4%:男性85.7%、女性77.1%)を占める。

 タトゥーに抵抗感のない(?)層は「実際に入れている」「結果入れなかった」を足しても2割弱(18.5%:男性14.2%、女性22.8%)に過ぎなかった。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真